身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。
体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、雨の日などに主訴が悪化しやすいと言う特徴があります。
外見的にはぽっちゃりしている方に多く、むくみががちな方になります。
主な原因としては湿度の高い環境での生活、甘い物や味の濃い物の過食、お酒の飲み過ぎ、水分の取り過ぎ、消化器系が弱いなどになります。

【代表的な自覚症状】

・体が重だるい

・むくみ

・梅雨や雨の日に調子が悪くなる

・胃のつかえや胃もたれ

・吐き気

・痰がよく絡む

・下痢をしやすい

・頭が重い

・湿疹や吹き出物が多い

・舌に白い苔がべったりと付いている

【代表的な婦人科疾患】

・おりものが多い

・月経周期が長い、または無月経

・不妊症

・子宮筋腫

・卵巣嚢腫

・子宮内膜症

Share

関連記事

身体は嘘をつかない

美容鍼でお越しの女性。 数年前に胃ガンが発見され、胃を全摘出。 お悩みはたるみ、手足の冷えがキツイ、寝つきが悪く、熟睡感がない。 井穴診という指先にあるツボで胃と関係のある厲兌(れいだ)に顕著な圧痛あり。 その他、背中の[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

PMSと東洋医学

PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や、進学・就職・結婚・出産などによる大きな環境の変化をきっかけに徐々に症状が出てきます。 PMSの症状は多くの方は月経前に出現しますが、東洋医学では主[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]