薬に頼らないためには

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。

皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか?
私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。

しかし、体のことや薬のことを勉強していくと薬があるからこそ多くの病気が良くなっているということがわかりますが、やはり効果が強い薬ほど副作用という「リスク」が伴います。

「クスリ」を逆から読むと「リスク」。
実に良くできているとと思います。

当院では日々、様々な体の不調を抱えている方が来院されますが、中でも不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫、更年期障害、PMS(月経前症候群)などの婦人科疾患で来院される方が多くなっております。

婦人科疾患で使用される薬といえばピルや排卵誘発剤、ルトラールなどのホルモン補充剤になりますが、個人差はあるもののそれ相応の副作用があります。
鍼灸治療は副作用なく体の不調を改善することが可能であるため、当院には薬に頼りたくないという方が来院されます。

しかし、やはり鍼灸治療だけでは限界があります。

薬に頼らず体の不調を改善するために大切なのは生活習慣を改善すること!
運動、食事、睡眠、休息、排泄、ストレス対策!

これらがしっかりとできるようになれば体の調子は確実に上がるはずです。

Share

関連記事

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

プロテイン飲んでます!

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 昨年のお盆明けからもうすぐ約1年になりますが、週2~3のペースでジムにて筋トレをしております。 おかげさまで、昨年の今頃とは別人ともいえるぐらいに体は変わりました。 筋トレ[…]

[» 続きを見る]

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について②

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。 肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。 肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ ①皮膚に潤いを与える ②大腸に水分を送る ③排尿作用の促進 肺が悪くなると[…]

[» 続きを見る]

年下の男性の精子が卵子を活性化

先日のyahooニュースに面白い記事が載っていました。 年下のパートナーを持つ女性の方が卵子が、同い年や年上のパートナーを持つ女性よりも妊娠しやすいという研究データになります。 年齢で言うと30歳未満の男性のパートナーを[…]

[» 続きを見る]