漢方薬のご相談先を紹介いたします

こんにちは。
名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。

当院の患者様でも時々病院で漢方薬を処方されている方がいらっしゃいます。
しかし、その漢方薬は本当に正しい処方がされているかどうかは疑問があります。

そこで、今回私がご紹介するのが「わたし漢方」というサイトです。

こちらのサイトでは東洋医学をしっかりと勉強されている薬剤師の方が「LINE」を使用して相談から漢方薬の処方までしていただけるサイトになります。
また、当院は「連携治療院」となっているため、当院の患者様で当院のご紹介であれば通常よりもお安く購入することができます。※実費に変わりはありません。

病院のお医者さんは病名に対して漢方薬を処方してしまうことがありますが、これは正しい漢方薬の処方の仕方ではありません!
※風邪には葛根湯

漢方薬は病名に対して処方するものではなく、あくまでも個人の体質に合わせて処方するものです。
そのためには、東洋医学的な身体や病気の「診立て」が必要になります。

「わたし漢方」の場合、東洋医学的な診立てができる薬剤師の方にLINEで直接相談することができるため、病院で処方される漢方薬よりもお値段は張りますが、効果の方はこちらの方が高いのではないかと思います。

鍼灸治療と漢方薬を併用することで相乗効果により、より早期にお悩みの症状を改善することが可能となります。
相談自体はご紹介があってもなくても無料のため、興味のある方、今処方されている漢方薬が自分に合っているものなのか疑問がある方は相談してみて下さい。
http://www.watashikampo.com/

Share

関連記事

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか? 寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか? 私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸[…]

[» 続きを見る]

異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは 「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。 ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。 こ[…]

[» 続きを見る]

導入決定

11月から試験的に使用していたセイリンJSPという鍼を導入決定致しました! この鍼の特徴は鍼なのに先端部分がやや丸みを帯びており、この丸みを持たせることにより、刺す時の痛みが軽減されるということ。 最初は使いづらいなぁ。[…]

[» 続きを見る]

背中の湿疹の症例

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 久しぶりの症例報告になります。 今回は30代女性の背中の湿疹です。 写真に関しては女性の背中ということで控えさせていただきます。 高校生の頃~春の花粉症[…]

[» 続きを見る]