月経の状態で分かる女性の体調

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今日は女性の月経についてです。
月経・・・つまり生理ですね。
月経は28日周期で訪れるものですが、これは月の満ち欠けと同じ周期で訪れるため「月経」と言われています。
この辺りは東洋医学では「天人合一思想」という、自然界で起きていることは人の体の中でも同じことが起きているという考え方と一致しています。
生理(月経)と月の満ち欠け

医学的には月経は「25日~40日以内に定期的にきていれば問題なし」ということになっています。
また、月経期間は5日ほどで、月経色も淡紅色で生理痛もないというのが正常な月経となります。

しかし、実際に上記のような理想的な月経の状態の方は非常に少ないというのが現状ですね。

皆さん、何かしら月経のことで気になることはお持ちかと思いますが、月経は男性にはない生理現象のため女性の体調を知る上で非常に重要な情報源となります。
月経(生理)は女性の体調を知る上で重要項目

【月経周期の乱れ】
・生理が遅れる
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、冷えが原因となる。その他、多嚢胞卵巣症候群、急激なダイエット、何かしらの薬の副作用、早期閉経、妊娠。
東洋学では気滞、血虚、腎虚、血瘀、寒邪の影響と考えます。

・生理が早く来る
ストレスにや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、腎虚、脾気虚の影響と考えます。

【月経期間】
・長い※1週間以上続く
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、脾気虚の影響と考えます。

・短い※3日以内に終わる
無排卵(卵巣機能の低下)、クロミッドなどの薬の副作用、急激なダイエット。
東洋医学では気滞、血虚、寒邪の影響と考えます。

【生理痛】
ストレス、冷え、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫などの婦人科疾患。
動けないほどの激痛がある場合は卵巣頚捻転などの疑いがあるため早急に病院を受診するようにしましょう。
※生理痛は痛みに強いほど要注意です!
東洋医学では気滞、寒邪の影響と考えます。

Share

関連記事

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

ペットボトルを使った鼻詰まり解消法

花粉症の方、花粉症でなくても鼻が詰まっている方のために、ペットボトルを使用した簡単鼻づまり解消法をご紹介します。 やり方はいたって簡単! 【右の鼻が詰まっている場合】 左の脇にペットボトルを挟んで、脇を圧迫してください。[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

温めると痒みが増す湿疹

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 湿疹やアトピー性皮膚炎でお悩みの方の中にはイライラした時や入浴後、または運動後に痒みが増し、逆に冷やすと痒みが治るという方がいらっしゃいます。 […]

[» 続きを見る]

2017 花粉シーズン突入

ウェザーニュースによると東海地方は昨日から花粉シーズン突入となりました。 花粉症の方に日常生活で注意していただきたいことは ①しっかりと睡眠を取る ②ストレスを溜めない ③飲酒や甘いものは控える ④整腸作用のある食べ物を[…]

[» 続きを見る]