月経の状態で分かる女性の体調

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今日は女性の月経についてです。
月経・・・つまり生理ですね。
月経は28日周期で訪れるものですが、これは月の満ち欠けと同じ周期で訪れるため「月経」と言われています。
この辺りは東洋医学では「天人合一思想」という、自然界で起きていることは人の体の中でも同じことが起きているという考え方と一致しています。
生理(月経)と月の満ち欠け

医学的には月経は「25日~40日以内に定期的にきていれば問題なし」ということになっています。
また、月経期間は5日ほどで、月経色も淡紅色で生理痛もないというのが正常な月経となります。

しかし、実際に上記のような理想的な月経の状態の方は非常に少ないというのが現状ですね。

皆さん、何かしら月経のことで気になることはお持ちかと思いますが、月経は男性にはない生理現象のため女性の体調を知る上で非常に重要な情報源となります。
月経(生理)は女性の体調を知る上で重要項目

【月経周期の乱れ】
・生理が遅れる
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、冷えが原因となる。その他、多嚢胞卵巣症候群、急激なダイエット、何かしらの薬の副作用、早期閉経、妊娠。
東洋学では気滞、血虚、腎虚、血瘀、寒邪の影響と考えます。

・生理が早く来る
ストレスにや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、腎虚、脾気虚の影響と考えます。

【月経期間】
・長い※1週間以上続く
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、脾気虚の影響と考えます。

・短い※3日以内に終わる
無排卵(卵巣機能の低下)、クロミッドなどの薬の副作用、急激なダイエット。
東洋医学では気滞、血虚、寒邪の影響と考えます。

【生理痛】
ストレス、冷え、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫などの婦人科疾患。
動けないほどの激痛がある場合は卵巣頚捻転などの疑いがあるため早急に病院を受診するようにしましょう。
※生理痛は痛みに強いほど要注意です!
東洋医学では気滞、寒邪の影響と考えます。

Share

関連記事

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

高校生向けの妊娠・不妊関連の教材

昨日のYahooニュース。 文部科学省が『妊娠のしやすさと年齢の関係』 や『不妊に関する内容』を盛り込んだ高校生向けの保健教育教材を作成したそうです。 <文科省>妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製 早いうちか[…]

[» 続きを見る]

四診合参

四診合参とは 望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。 今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例2 弁証および治療について3 考察 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例 2018年12月来院。 12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。 2日後の9日の夕[…]

[» 続きを見る]