月経の状態で分かる女性の体調

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今日は女性の月経についてです。
月経・・・つまり生理ですね。
月経は28日周期で訪れるものですが、これは月の満ち欠けと同じ周期で訪れるため「月経」と言われています。
この辺りは東洋医学では「天人合一思想」という、自然界で起きていることは人の体の中でも同じことが起きているという考え方と一致しています。
生理(月経)と月の満ち欠け

医学的には月経は「25日~40日以内に定期的にきていれば問題なし」ということになっています。
また、月経期間は5日ほどで、月経色も淡紅色で生理痛もないというのが正常な月経となります。

しかし、実際に上記のような理想的な月経の状態の方は非常に少ないというのが現状ですね。

皆さん、何かしら月経のことで気になることはお持ちかと思いますが、月経は男性にはない生理現象のため女性の体調を知る上で非常に重要な情報源となります。
月経(生理)は女性の体調を知る上で重要項目

【月経周期の乱れ】
・生理が遅れる
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、冷えが原因となる。その他、多嚢胞卵巣症候群、急激なダイエット、何かしらの薬の副作用、早期閉経、妊娠。
東洋学では気滞、血虚、腎虚、血瘀、寒邪の影響と考えます。

・生理が早く来る
ストレスにや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、腎虚、脾気虚の影響と考えます。

【月経期間】
・長い※1週間以上続く
ストレスや加齢による自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮がんなどの婦人科疾患。
東洋医学では熱、血熱、脾気虚の影響と考えます。

・短い※3日以内に終わる
無排卵(卵巣機能の低下)、クロミッドなどの薬の副作用、急激なダイエット。
東洋医学では気滞、血虚、寒邪の影響と考えます。

【生理痛】
ストレス、冷え、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫などの婦人科疾患。
動けないほどの激痛がある場合は卵巣頚捻転などの疑いがあるため早急に病院を受診するようにしましょう。
※生理痛は痛みに強いほど要注意です!
東洋医学では気滞、寒邪の影響と考えます。

Share

関連記事

当院の治療内容のご紹介

当院の治療法をご紹介します。   【はり治療】 ツボと言われる経穴に鍼を刺していきますが、どこに刺すかは脈や舌、お腹の状態で変わってきます。 おそらく大半の方が想像しているような治療法とは違っており、肩こりだか[…]

[» 続きを見る]

妊娠に向けたタイミングの取り方

妊娠を望む場合、多くの方は排卵日辺りで性行為を行なうことが多いと思います。 また、不妊治療における第一の選択として病院で排卵チェックを行いタイミングを取る方法がありますが、この時も医師から「この日に取ってね」と支持される[…]

[» 続きを見る]

39歳 女性 生理不順

生理周期が40日周期で20代の頃は来ない月もあった。 結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になったとたんに体の不調をきたすようになった。 現在はパートで週に4日ほど働いているため、専業主婦の頃よりは体調は幾分よくはなっている。[…]

[» 続きを見る]

試験導入

先月から少数鍼での治療になったので、思い切って鍼を変えてみようと考え、木曜日の夜に試験導入のためセイリンのJSPという世界最高峰とも言われる鍼を注文し、本日届きました! 鍼にも色々なメーカーがあり、更に同じメーカーでも色[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]