性感染症のカンジタを侮るなかれ

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

今日は性感染症の1つである「カンジタ」についてです。
当院のホームページを見に来る方の中でも「カンジタ」というキーワードが非常に多く、ほぼ毎日のようにこのキーワードで検索されているようです。
当院ではカンジタによる皮膚炎の治療実績があり、以前にブログでもご紹介しているためこの記事がヒットしているようです。

ではまずカンジタという病気についてです。
カンジタとは「カンジタ真菌」という真菌に感染することによって発症する病気になり、女性がかかりやすい性病のひとつになります。
感染部位としては女性の膣内や外陰部が多くなり、性行為の経験のない方でも感染する可能性のある病気になります。
カンジタ真菌は皮膚の常在菌の1つであり健康な人の皮膚にも存在しているため、カンジタあるから問題があるかというとそうではありません。あくまでも症状を発症した場合に問題が起きてくることになります。

発症する原因としては免疫力が低下した場合や「抗生物質を服用後」にカンジタを発症することがあります。
そのため、1度でもカンジタを発症したことがある方は抗生物質を服用しなければいけない際は医師に相談しましょう。

【抗生物質とカンジタの関係】
抗生物質は体内の細菌をやっつけるための薬になりますが、カンジタは細菌ではなく「真菌」というカビが原因になり、通常の抗生物質では効果がありません。そのため、抗生物質を服用することで体内の細菌(常在菌)はいなくなり、カンジタ真菌が結果的に多くなるために症状を発症してしまいます。

【カンジタの症状】
・性器の痒み
・オリモノの増加
・ヨーグルトやチーズのようなオリモノが出る

上記3つが代表的な症状となります。
しかし、注意していただきたいのがカンジタを発症しているにもかかわらず自覚症状がないこともあります!
そのため、ちょっと気になることがあればまずは婦人科へ行き、相談することをお勧めいたします。

【カンジタ皮膚炎】
カンジタに感染することで発症する手湿疹の一種で手のひらに現れることもあれば全身に現れることもあり、酷い場合には爪から膿が出てくることもあり、爪を作る細胞を破壊してしまうこともあります。※カンジタ性爪井爪炎
また、通常のカンジタと同じように性器の痒みや炎症、オリモノの異常などもあります。
治療は主に抗真菌薬の投与となるため、できるだけ早期に治療を開始しましょう。※恥ずかしがっている暇はありません。

性行為によるカンジタに感染した際のカンジタ皮膚炎の症例

薬剤性カンジタ皮膚炎の症例

【カンジタを防ぐ方法】
・早期発見、早期治療!
・むやみに性交渉をしないこと!
・免疫力の低下で発祥することがあるため、日々の体調管理!
・必要以上に性器を洗い過ぎない!
・抗生物質の服用は医師に相談すること!

Share

関連記事

不眠症にも鍼灸

患者さんを問診していると意外と多いのが睡眠の質の低下。 不眠症とまではいかないけれど寝つきが悪い、夜中に目が覚めるという方は意外といらっしゃいます。 このように睡眠の質が低下した状態を東洋医学ではどのように考えていくのか[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

年内は本日で終了

年内の診療は本日で終了となります。 今年も様々な体の不調でお悩みの方を診させていただきましたが、特に不妊でお悩みの方の力になれたという印象があります。※出産のご報告をいただけると嬉しい限りです。 まだまだ治療が必要な方も[…]

[» 続きを見る]

お電話でのお問い合わせ、ご予約に関して

【お電話でのご予約やお問い合わせに関しての注意点】 ・施術者1人のため、施術中は電話に出ることができなかったり、出るまでに少し時間がかかることがあります。 時々、電話に出ると切ってしまう方がいらっしゃいますが、留守電に切[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]