心身の不調をきたす5月病にご注意を

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

新年度が始まり早1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか?
社会人の方々は今日からゴールデンウィークということで最長で9連休のため、どこかへ出かける方もいれば、帰省する方、自宅でゆっくりするなど色々な選択肢がありますね。9連休が取れる方はうらやましい限りです。

しかし、この連休明けに注意しなければならないことがありますが、それが5月病というものです。
5月病とはゴールデンウィーク頃に発症する自律神経失調症のような症状です。

医学的には5月病とは言いませんが、この時期に発症することからこのように言われるようになっており、症状は食欲低下、イライラ、不安感、やる気の低下、めまい、頭痛、仕事が嫌になるなどです。うつ病にも症状が似ているため、このような症状がある場合はまずは病院にて相談するようにしましょう。

5月病

ではなぜ、この時期にこのような症状が出てくる方と言うと、それは4月から新生活のスタート、新入社員の教育などでストレスが溜まってしまったり、新天地で結果を出そうと張り切りすぎてしまった結果、このゴールデンウィークに入ることで緊張の糸が切れてしまうことで一気に体調を崩してしまうことになります。

5月病を防ぐためにはどうしたらいいか?
ゴールデンウィーク初日と言うことで5月病にならないため以下のことに注意して、連休を過ごすようにしましょう。

①ストレスを溜めないこと
これは絶対条件で必要になります。
ストレスは誰しもが感じることであり、ストレスのない生活を行う方が難しいです。そのため、しっかりとストレス発散する方法を見つけましょう。

②生活リズムを乱さないこと
ゴールデンウィークなどの長期の休みに入ることで夜更かしし、起床時間が遅くなるということはよくあることですが、ここで生活リズムを乱すのも危険となります。そのため、連休中であってもできる限り規則正しい生活リズムで生活するようにしましょう。

5月病を防ぐためには正しい生活リズムを心がけましょう

③気負いすぎない
仕事はただこなすだけではなく、やはり成果を出さなければいけません。
そのため、張り切りすぎることもあるかと思いますが、そこはグッとこらえましょう。最初からエンジン全開では心も身体もすぐに疲れてしまいます。「正」しい判断をするためにも「一」回、「止」まりましょう。

五月病を防ぐために張り切りすぎないことも大切です

Share

関連記事

鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。 当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

東洋医学関連番組

本日19時より名古屋テレビ(テレビ朝日系列)にて林修の今でしょ講座「医者に聞きにくい病気・薬の疑問を解消!!3時間SP」が放送されます。 この番組では割と漢方薬についても紹介されている番組で、今回は最強の漢方薬が4つ紹介[…]

[» 続きを見る]

過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。 今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。 腎といっても「腎臓」ではありません。 花粉症の症[…]

[» 続きを見る]

性感染症のカンジタを侮るなかれ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日は性感染症の1つである「カンジタ」についてです。 当院のホームページを見に来る方の中でも「カンジタ」というキーワードが非常に多く、ほぼ毎日のようにこのキーワードで検索されて[…]

[» 続きを見る]