鍼灸と漢方薬はどちらがいいか?

こんにちは。名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。

昨今では病院でも積極的に漢方薬が処方されているため、漢方薬を服用する機会が増えているかと思いますが、漢方薬は東洋医学のものですが、同じ東洋医学である鍼灸と漢方薬はどちらの方が効果があるのかという疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

答えとしましては、どちらも個人差はありますが効果はしっかりとあります。
ただし、痛みの治療に関しては鍼灸の方が効果は高いかもしれませんが、他の病気に関しては併用するのが最も効果的であると言えます!

ただし、「正しい処方である」ということが条件となります。
なぜ、この部分を強調するのかと言うと、病院で処方される漢方薬の場合は西洋医学で診断し、東洋医学で治療をしようという考えを持たれている医師の方がいらっしゃるからです。※もちろんしっかりと東洋医学を勉強されている医師の方もいらっしゃいます。

東洋医学で治療を行うためには東洋医学の身体の診方や病気の考え方が重要になってきます。
そのため、意外と「○○に効果のある漢方薬だからこれを処方しよう」、「あまり効果が見られないから次はこっち」という処方をされる医師の方も相当数いらっしゃいます。よくあるのが、「風邪には葛根湯」という考え方です。
しかし、これでは漢方薬のこうかをしっかりと発揮することはできません。

そのため、もし漢方薬を服用することを考えているのであれば、やはりしっかりとした漢方薬局にて処方していただくことをお勧めします。
鍼灸も同じですね。
あてずっぽうではやはり効果は出ません。

また、鍼灸治療と漢方薬での大きな違いは「通院回数」と「治療頻度」になります。
どちらかいうと鍼灸治療の方が通院回数は多くなりがちということと、鍼灸の場合は治療は週1~2回に対して漢方薬は毎日服用することになります。そのため、頻繁に通うのが面倒くさいという方は漢方薬を選択されることをお勧めいたします。

西洋医学でも東洋医学でも治療にはそれ相応の時間がかかることが多いため、あせらずじっくりと体を治療するようにしましょう。

Share

関連記事

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

○○と子宮の関係

○○は子宮と関係があります。 さて、何でしょうか? 答えは「唇です」! 唇というのは子宮の反射区で、反射区というのはいわゆる「足ツボ」のようなものになります。 不妊治療で人工授精以上にステップアップしてしまうと性行為どこ[…]

[» 続きを見る]

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

マスクでの予防は意味がない?マスクでウイルス感染を防げない理由

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回はマスクに関してのお話です。 もうすぐ花粉が本格飛散する時期になりますが、日本では今は花粉よりも新型コロナに過剰反応しているためか、マスクがどこに行っても購入できない状態です。[…]

[» 続きを見る]