うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。
「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。

当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやはりそこは東洋医学的には人それぞれうつ病を発症した原因や体質は変わってきます。
しかし、以前から自分で追試していたことですが、うつ病でも「脾胃の弱り」が原因となっている場合では鍼治療でももちろん効果がありますが、それ以上にお灸を併用することで効果が高まることが分かってきました。

患者さん本人もお灸をしてもらうようになってから凄くよく眠れるようになったと言われます。

うつ病に対するお灸の効果

脾胃の弱りに対して使用するツボは足三里、太白、公孫、背中の脾兪や胃兪。
この辺りのツボに凹みがあれば脾胃が弱っていることになります。※特に片方だけ凹んでいる場合。

どうしてもイメージとしては鍼とお灸では鍼の方が効果が高そうに思いますが、お灸も正しく行なえば非常に効果の高い治療法になります。何よりも自宅でセルフケアとしても行なえる手軽さもありますので、うつ病の方以外にも取り入れていただきたいケア方法になります。

Share

関連記事

秋の花粉症で喉がかゆいのはなぜ?

本日は秋晴れ! 街中にはマスク姿の方がちらほら見られるようになってきました。 先日は秋の花粉症でも鼻水に関する内容だったので、今回は秋の花粉症で喉がかゆいのはなぜか?に関して東洋医学の観点から考えますが、結論から言います[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

初診をご希望の方へ

当院は完全予約制になります。 そのため事前にご予約が必要となっております。 初回に関してはじっくりとお話を聞き、じっくりとお身体を診させていただくため所要時間は2時間ほどかかります。 これは東洋医学的にお身体の状態を分析[…]

[» 続きを見る]

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]