うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。
「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。

当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやはりそこは東洋医学的には人それぞれうつ病を発症した原因や体質は変わってきます。
しかし、以前から自分で追試していたことですが、うつ病でも「脾胃の弱り」が原因となっている場合では鍼治療でももちろん効果がありますが、それ以上にお灸を併用することで効果が高まることが分かってきました。

患者さん本人もお灸をしてもらうようになってから凄くよく眠れるようになったと言われます。

うつ病に対するお灸の効果

脾胃の弱りに対して使用するツボは足三里、太白、公孫、背中の脾兪や胃兪。
この辺りのツボに凹みがあれば脾胃が弱っていることになります。※特に片方だけ凹んでいる場合。

どうしてもイメージとしては鍼とお灸では鍼の方が効果が高そうに思いますが、お灸も正しく行なえば非常に効果の高い治療法になります。何よりも自宅でセルフケアとしても行なえる手軽さもありますので、うつ病の方以外にも取り入れていただきたいケア方法になります。

Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

ご予約、お問い合わせに関して

【ご予約、お問い合わせに関してのお願い】 水曜午後、木曜、日曜はお休みになります。 当院はマンションの一室にて診療をしておりますが、時々「ここに住んでいるんですか?」というご質問をいただくことがありますが、こちらのマンシ[…]

[» 続きを見る]

梅雨の養生

今週より東海地方は梅雨に入り、これから約1ヶ月ほどは洗濯物に悩まされる時期となりました。 この梅雨の時期にも意外と体調を崩す方が多いですが、その犯人は『湿邪』という『湿気』になります。 東洋医学には季節を現す主気があり、[…]

[» 続きを見る]

花粉症体質のご紹介

本格的に花粉の季節がやってきたため、当院でも鍼治療に加えて花粉症の方には補助的な治療も加えるようになって来ました。 そこで、本日は東洋医学的に診た「花粉症体質」をご紹介致します。 一言で花粉症といっても東洋医学では様々な[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]