秋の花粉症で喉がかゆいのはなぜ?

本日は秋晴れ!
街中にはマスク姿の方がちらほら見られるようになってきました。

先日は秋の花粉症でも鼻水に関する内容だったので、今回は秋の花粉症で喉がかゆいのはなぜか?に関して東洋医学の観点から考えますが、結論から言いますと
肺が熱を持つことが原因となります。

まず、鼻や喉の症状は呼吸器系の症状となります。
内臓の中で呼吸器系といえば「肺」ですね。

喉は肺の門戸(喉は肺の出入り口)

つまり、肺と喉は密接な関係があり、肺に異常があると喉に問題が起きてくるということになります。

東洋医学で季節と内蔵の関係性でいうと秋=肺。

気候と内臓の関係性は燥=肺。

燥とはつまり「乾燥」ということです。
秋の乾燥した空気で喉がやられるというのはよくある話ですよね。

乾燥した空気は体の水分を消耗させていくという性質があり、肺という臓器の特徴としても「潤を好み、燥を嫌う」という性質があります。

秋の花粉症ではない方でも秋になると喉がちょっとおかしくなるということはあるかと思いますが、喉がかゆくなるというのはこの肺が熱を持ちだすことによって起こってきます。

どんな方がなりやすいかというと暑がりの方や辛い物をよく食べる方は身体に熱をこもらせがちでちです。
そして、秋の乾燥した空気により体の水分がさらに失われることによってこのような症状が起きてきます。
そのため辛い物を食べ過ぎるのはやめましょう。

Share

関連記事

筋トレでアンチエイジング

人は誰でも実年齢よりも若く見られたいものです。女性であればなおさらそう思われると思います。 アンチエイジングの方法も多種多様であり、食べ物に気をつける、化粧品、エステなどがありますが、10年ほど前からは美容鍼が注目されて[…]

[» 続きを見る]

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。 そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療[…]

[» 続きを見る]

皮膚疾患の原因

アトピー性皮膚炎・湿疹などの皮膚科疾患で皮膚科ではステロイドを出されるだけであったり、なかなか良くならないために鍼灸治療を選択される方は意外と多いと感じる今日この頃。 そして、個人差はあるものの皮膚科疾患に鍼灸治療は良く[…]

[» 続きを見る]

10代からの手湿疹

昨年より皮膚疾患を多く診る機会がありますが、今回も中々の改善具合なのでご紹介します。 治療前がこちら。 ちょっと見辛いですが、水泡ができており、黄色くなっております。 治療してから7時間ほど経ち、患者さんから写真が送られ[…]

[» 続きを見る]