本日は秋晴れ!
街中にはマスク姿の方がちらほら見られるようになってきました。

先日は秋の花粉症でも鼻水に関する内容だったので、今回は秋の花粉症で喉がかゆいのはなぜか?に関して東洋医学の観点から考えますが、結論から言いますと
肺が熱を持つことが原因となります。

まず、鼻や喉の症状は呼吸器系の症状となります。
内臓の中で呼吸器系といえば「肺」ですね。

喉は肺の門戸(喉は肺の出入り口)

つまり、肺と喉は密接な関係があり、肺に異常があると喉に問題が起きてくるということになります。

東洋医学で季節と内蔵の関係性でいうと秋=肺。

気候と内臓の関係性は燥=肺。

燥とはつまり「乾燥」ということです。
秋の乾燥した空気で喉がやられるというのはよくある話ですよね。

乾燥した空気は体の水分を消耗させていくという性質があり、肺という臓器の特徴としても「潤を好み、燥を嫌う」という性質があります。

秋の花粉症ではない方でも秋になると喉がちょっとおかしくなるということはあるかと思いますが、喉がかゆくなるというのはこの肺が熱を持ちだすことによって起こってきます。

どんな方がなりやすいかというと暑がりの方や辛い物をよく食べる方は身体に熱をこもらせがちでちです。
そして、秋の乾燥した空気により体の水分がさらに失われることによってこのような症状が起きてきます。
そのため辛い物を食べ過ぎるのはやめましょう。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------