医療費控除してますか?

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。
そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはやや面倒くさい確定申告の時期であり、また医療費控除の時期でもあります。

医療費控除のことはご存知の方も多いかと思いますが、「えっ、なにそれ!?」という方もちょこちょこいらっしゃるので、軽く説明させていただきます。

医療費控除とは
生計をともにしている家族の年間の医療費として支払った合計金額が10万円以上の場合、少しだけお金が返ってくる制度です。
ただし、生命保険からの保険金を受け取った場合は対象外になる可能性もあります。

例)医療費として支払った金額:20万、保険金として受け取った金額:30万
この場合は医療費と支払った金額は0円のようなものなので、申請はできません!

鍼灸も医療費控除の対象です

【対象となるのは】
・病院での治療費
・薬剤費
・ドラッグストアでの医薬品の購入費
・医療機関に通うための公共交通機関の料金
・治療を目的とした鍼灸治療

これらが、医療費控除の対象となります。
実は鍼灸治療も医療費控除の対象となっておりますが、あくまでも治療を目的とした場合に限られてきます。そのため、美容鍼は対象外となります。
これは鍼灸だけに限りませんが、美容医療も医療費控除の対象外となります。

そして、今までは申請するに当たって「領収証の提出」が必要だったのですが、今年から変更されたようで、領収証の提出が不要になった変わりに、「医療費控除の明細書」の提出が必要になったようです。
詳しくはこちらを参照下さい。

この申請をすることによって少しでもお金が戻ってくるのならやはり申請した方がお徳ではありますので、利用できる制度はしっかりと利用しましょう!

Share

関連記事

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

10代からの手湿疹

昨年より皮膚疾患を多く診る機会がありますが、今回も中々の改善具合なのでご紹介します。 治療前がこちら。 ちょっと見辛いですが、水泡ができており、黄色くなっております。 治療してから7時間ほど経ち、患者さんから写真が送られ[…]

[» 続きを見る]