医療費控除してますか?

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。
そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはやや面倒くさい確定申告の時期であり、また医療費控除の時期でもあります。

医療費控除のことはご存知の方も多いかと思いますが、「えっ、なにそれ!?」という方もちょこちょこいらっしゃるので、軽く説明させていただきます。

医療費控除とは
生計をともにしている家族の年間の医療費として支払った合計金額が10万円以上の場合、少しだけお金が返ってくる制度です。
ただし、生命保険からの保険金を受け取った場合は対象外になる可能性もあります。

例)医療費として支払った金額:20万、保険金として受け取った金額:30万
この場合は医療費と支払った金額は0円のようなものなので、申請はできません!

鍼灸も医療費控除の対象です

【対象となるのは】
・病院での治療費
・薬剤費
・ドラッグストアでの医薬品の購入費
・医療機関に通うための公共交通機関の料金
・治療を目的とした鍼灸治療

これらが、医療費控除の対象となります。
実は鍼灸治療も医療費控除の対象となっておりますが、あくまでも治療を目的とした場合に限られてきます。そのため、美容鍼は対象外となります。
これは鍼灸だけに限りませんが、美容医療も医療費控除の対象外となります。

そして、今までは申請するに当たって「領収証の提出」が必要だったのですが、今年から変更されたようで、領収証の提出が不要になった変わりに、「医療費控除の明細書」の提出が必要になったようです。
詳しくはこちらを参照下さい。

この申請をすることによって少しでもお金が戻ってくるのならやはり申請した方がお徳ではありますので、利用できる制度はしっかりと利用しましょう!

Share

関連記事

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

人生の1/3は寝ている

枕のお話です。 睡眠時間は人生の1/3と言われるため、質の良い睡眠を行なうためには自分に合った枕は必要不可欠。 先日、枕を買い換えましたが、見事に合わず・・・返品。 そして、買い直した枕も撃沈・・・ 夜中に2度目が覚めま[…]

[» 続きを見る]

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]

ストレスによる咳喘息の症例

コンテンツ1 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例1.1 【弁証】1.2 【病因病理】1.3 【治療】 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例 シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家[…]

[» 続きを見る]

生理不順や不妊症の原因となる高プロラクチン血症とは?

女性の身体に毎月起きる生理ですが中には生理不順でお悩みの方も多いかと思います。 生理不順にも色々な原因がありますが、今回は不妊症の原因にもなる高プロラクチン血症についてです。 この病気にはある特徴的な症状がありますので生[…]

[» 続きを見る]