医療費控除してますか?

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。
そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはやや面倒くさい確定申告の時期であり、また医療費控除の時期でもあります。

医療費控除のことはご存知の方も多いかと思いますが、「えっ、なにそれ!?」という方もちょこちょこいらっしゃるので、軽く説明させていただきます。

医療費控除とは
生計をともにしている家族の年間の医療費として支払った合計金額が10万円以上の場合、少しだけお金が返ってくる制度です。
ただし、生命保険からの保険金を受け取った場合は対象外になる可能性もあります。

例)医療費として支払った金額:20万、保険金として受け取った金額:30万
この場合は医療費と支払った金額は0円のようなものなので、申請はできません!

鍼灸も医療費控除の対象です

【対象となるのは】
・病院での治療費
・薬剤費
・ドラッグストアでの医薬品の購入費
・医療機関に通うための公共交通機関の料金
・治療を目的とした鍼灸治療

これらが、医療費控除の対象となります。
実は鍼灸治療も医療費控除の対象となっておりますが、あくまでも治療を目的とした場合に限られてきます。そのため、美容鍼は対象外となります。
これは鍼灸だけに限りませんが、美容医療も医療費控除の対象外となります。

そして、今までは申請するに当たって「領収証の提出」が必要だったのですが、今年から変更されたようで、領収証の提出が不要になった変わりに、「医療費控除の明細書」の提出が必要になったようです。
詳しくはこちらを参照下さい。

この申請をすることによって少しでもお金が戻ってくるのならやはり申請した方がお徳ではありますので、利用できる制度はしっかりと利用しましょう!

Share

関連記事

不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。 しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。 そして、この助成金制度が昨年の平成[…]

[» 続きを見る]

鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。 当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、[…]

[» 続きを見る]

東洋医学関連番組

本日19時より名古屋テレビ(テレビ朝日系列)にて林修の今でしょ講座「医者に聞きにくい病気・薬の疑問を解消!!3時間SP」が放送されます。 この番組では割と漢方薬についても紹介されている番組で、今回は最強の漢方薬が4つ紹介[…]

[» 続きを見る]

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]