排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは。

名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。

しかし、基礎体温をしっかりつけており、お互いに特に問題もない、タイミングもバッチリ!にもかかわらずなかなか授からない・・・というご夫婦も多いかと思います。

このようなケースでは、もしかしたら排卵日がズレているかもしれません。

一般的な排卵のリズム

一般的に排卵は月経開始後14日目で「LHサージ」という黄体ホルモンの一時的な分泌量の増加により体温の低下が起こり、排卵が起きるようになります。個人差はありますが、人によっては排卵痛が起きることもあります。

 

実際の排卵は体温低下の日とは限らない

一般的には排卵は体温低下の火に起きるといわれていますが、実際には排卵は必ず体温低下が起きた時に起こるわけではなく、人によっては体温低下の前に起きていたり、体温低下がしてから1日ほど経過して排卵することもあります。

また、必ずしも14日目で体温の低下が起きるわけではなく、人によってはもう少し日数がかかることもあるというのは、基礎体温をつけている方であれば周知の事実かと思います。

そのため、最も確実に排卵があったかどうかを確認するためには排卵検査薬を使用しましょう。

 

高温期に入ってから排卵することもあり

これは当院の患者様の実体験になります。

不妊治療で来られていた方ではありませんが、この方もなかなか子供ができないため病院を受診し、体外受精をするために採卵をした時に分かったことです。

基礎体温は特に問題はなかったが、排卵日付近である14日目頃に採卵をするとまだ排卵していないという事が判明し、実際に排卵が起きたのは高温期に入って1週間後の21日目だったそうです。

※手書きの図を参照してください。

これが、1人目の時のお話で、2人目を考えた時に「排卵日がズレてるって言われてたから試しに・・・」と高温期に入ってから1週間後にタイミングを取ると1回で自然妊娠できたそうです。

正直、ここまで排卵のタイミングがズレるというのは稀なケースではあると思いますが、やはりこればかりは分からないことではないかと思います。

そのため、やはり重要なのは排卵日にこだわることなく、夫婦でタイミングを取ることではないかと思います。

極論を言ってしまえば、子供を作るため・・・という考えも持たない方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

1.排卵日は体温低下した日の前後に起きる

2.稀ではあるが、体温低下の数日後に排卵が起きるケースもある

3.排卵があったかどうかを確認するためには排卵検査薬を使用する

4.排卵日以降でも性行為をする

Share

関連記事

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

五十肩の症例

50代 女性。 半年ほど前から右肩の後ろに痛みがあり、整形外科を受診すると五十肩と診断。 リハビリ室でマッサージを受けると痛みが増したため、以後は整形外科の受診をやめ、痛みに耐える日々を送る。 痛みは日中よりも夜の方があ[…]

[» 続きを見る]

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]