排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは。

名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。

しかし、基礎体温をしっかりつけており、お互いに特に問題もない、タイミングもバッチリ!にもかかわらずなかなか授からない・・・というご夫婦も多いかと思います。

このようなケースでは、もしかしたら排卵日がズレているかもしれません。

一般的な排卵のリズム

一般的に排卵は月経開始後14日目で「LHサージ」という黄体ホルモンの一時的な分泌量の増加により体温の低下が起こり、排卵が起きるようになります。個人差はありますが、人によっては排卵痛が起きることもあります。

 

実際の排卵は体温低下の日とは限らない

一般的には排卵は体温低下の火に起きるといわれていますが、実際には排卵は必ず体温低下が起きた時に起こるわけではなく、人によっては体温低下の前に起きていたり、体温低下がしてから1日ほど経過して排卵することもあります。

また、必ずしも14日目で体温の低下が起きるわけではなく、人によってはもう少し日数がかかることもあるというのは、基礎体温をつけている方であれば周知の事実かと思います。

そのため、最も確実に排卵があったかどうかを確認するためには排卵検査薬を使用しましょう。

 

高温期に入ってから排卵することもあり

これは当院の患者様の実体験になります。

不妊治療で来られていた方ではありませんが、この方もなかなか子供ができないため病院を受診し、体外受精をするために採卵をした時に分かったことです。

基礎体温は特に問題はなかったが、排卵日付近である14日目頃に採卵をするとまだ排卵していないという事が判明し、実際に排卵が起きたのは高温期に入って1週間後の21日目だったそうです。

※手書きの図を参照してください。

これが、1人目の時のお話で、2人目を考えた時に「排卵日がズレてるって言われてたから試しに・・・」と高温期に入ってから1週間後にタイミングを取ると1回で自然妊娠できたそうです。

正直、ここまで排卵のタイミングがズレるというのは稀なケースではあると思いますが、やはりこればかりは分からないことではないかと思います。

そのため、やはり重要なのは排卵日にこだわることなく、夫婦でタイミングを取ることではないかと思います。

極論を言ってしまえば、子供を作るため・・・という考えも持たない方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

1.排卵日は体温低下した日の前後に起きる

2.稀ではあるが、体温低下の数日後に排卵が起きるケースもある

3.排卵があったかどうかを確認するためには排卵検査薬を使用する

4.排卵日以降でも性行為をする

Share

関連記事

春は不調が起きやすい季節です

春といえば多くの方が花粉症でお悩みになりますが、花粉症以外にも身体の不調を招きやすい季節になります。 季節の変わり目なので寒暖差があったり、引越し、就職、転職、入学、卒業、部署移動など環境の変化が激しいため、知らず知らず[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

妊娠しました

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。 前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。 元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているた[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]