2018年 花粉症予報は真逆の予想

こんにちは。
名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。

2018年も始まり、早2週間といったところですが、先週新規の患者さんで早くも「怪しい」という訴えをされている方がいらっしゃいました。
早い方は1月頃~症状が出始めるという、花粉症ですね。

花粉症の予報ですが、今年はウェザーニュースと日本気象会で真逆の予報をされています。

・ウェザーニュース→前年よりも飛散量は少ない
・日本気象会→前年よりも飛散量は多い

なぜこのような真逆の予想となっているのか?
その答えは「昨年の夏の気候の評価の違い」が関係してきます。

スギ花粉は前年の夏の気候の影響を受けることはご存知かと思いますが、夏が暑く、日章量が多く、雨量も少なければ翌年の花粉は大量飛散。逆に冷夏で日照時間が少なく、雨も多いと翌年の花粉の飛散量は減少となります。

しかし、2社は2017年の夏の気候を真逆に捉えてしまっているようで、
・ウェザーニュース→関東~北日本で雨が多く、記録的な日照不足だった
・日本気象会→関東~北日本では雨は多かったが、全国的に暑く、日照時間も長かった

確かに昨年の夏は東京で雨が2週間ほど降り続くということがありましたが、東海地方に関して言えばまさに「夏」といえる天気ではなかったでしょうか?
また、花粉の飛散量は多い年と少ない年が交互にやってくると言われており、2017年は飛散量が多い年であったため、今年は・・・かもしれません。
しかし、東海地方に関して言えば今年は飛散量は多くなるのではないか?と個人的には予想しております。

Share

関連記事

どう決める?不妊治療のステップアップのタイミング

コンテンツ1 不妊治療のステップアップについて2 ステップアップのタイミングはどう決めるの?3 ステップダウンという選択肢 不妊治療のステップアップについて こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ここ最近は暖か[…]

[» 続きを見る]

現代人の精子は減少傾向にあり

こちらは海外のデータになりますが、現代人の精子はこの40年間で半分ほどに減少しているそうです。 このデータは欧米の男性によるものですが精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少しており、日本人は欧米人よりも「働く」と[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の病院選び②

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ご自身が不妊症かも?っと思い病院を探す時に重視されることはおそらく「通いやすさ」や「自宅からの距離」になるかと思います。 当院の患者さんのほとんどもやはり自宅からの通いやすさ[…]

[» 続きを見る]

問診事項│こんな内容をお聞きします

当院では体の状態を把握するために、お悩みの症状に関して以外にも生活習慣に関してもお聞きしています。 ・食生活に関して ・2便に関して(排尿・排便) ・睡眠に関して この3つの事項は非常に大切で、いずれか1つでもできなくな[…]

[» 続きを見る]