スマホ肘

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

皆さんは、携帯電話はガラケーですか?それともスマホですか?
おそらく、大半の方がスマホを使用していることと思います。

スマホは非常に便利で小さなパソコンと言える物ですが、10年前程前では考えられなかったですよね。

今では電話、メールだけではなく、ほぼゲームをするためにスマホを所有して言うといっても過言ではない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなあなたに注意奮起させていただきます!

スマホを使いすぎることによって体に異常が出てくることがあります。
スマホを使いすぎることで目が疲れる・・・というのは想像できるかと思いますが、中には肘に痛みが出てくる方もいらっしゃいます。
それが「スマホ肘」とう障害になります。

スマホ肘とは・・・
その名の通り、スマホを長時間使用することにより肘に負担がかかり、痛みが出てくることになります。

別の言い方では「テニス肘」と言いますが、正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と言います。

テニス肘との鑑別方法はいたって簡単!
運動をしていることによって肘に痛みが出てきているかどうか?これだけです。

特に運動をいているわけではないが、肘に痛みが出てきている場合はスマホ肘の可能性が非常に高くなります!

ではなぜスマホで肘に痛みが出てくるかと言うと、これは実際に試していただくと分かりやすいかと思います。

スマホを操作する時は親指、もしくは人差し指で操作されると思いますが、指を動かしている最中に肘の外側をさわってみて下さい。筋肉が動いているのが分かるかと思います。
これは指を動かす筋肉が肘の外側まで続いているためになになります。

スマホといえどある程度の重さはあり、この部分の筋肉が弱い方がスマホにより酷使されることにより炎症を起こし、肘に痛みが出てくることになります。

対処法としては第一にスマホを必要以上に触らないこと!
もうこれは絶対条件とも言っていいかと思います!
その他、この部分の筋肉を鍛えることも重要です

Share

関連記事

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性 主訴:両膝の痛み 半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。 病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。 以後、1週間から1[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]