鍼1本で顎関節症治癒

1年半ほど前から左顎にドーンとした痛みがあり、歯科医で顎関節症と診断。
現在は口を大きく開けることができず、また左側を下にして寝ても顎に痛みがある。また、歯科医では顎の筋肉を軟らかくするために顎を左右に動かすことを勧められている。

舌診:淡白舌、酷い歯痕あり
腹心:左滑肉門~大巨虚

切経にて左側の足陽明胃経の弱りを確認。

【弁証】胃経経気不利による顎関節症

【考察】
東洋医学では主に上顎は足陽明胃経、下顎は手陽明大腸経と関係がありますが、この方の場合は胃経の弱りにより上顎に影響が出たことで顎関節症を発症したものと考える。

治療は足陽明胃経上にある左大巨穴(臍の左斜め下)に5番鍼で10分置鍼。
鍼を刺した直後に顎の痛み10→2となり、計2回の治療で顎の痛みはほぼ消失し、その他にも10年ほど前からの酷い便秘も改善されてきている。

Share

関連記事

更年期障害の東洋医学での考え方とセルフケア

コンテンツ1 東洋医学の視点で考える更年期障害1.1 女性の年齢と身体の変化について2 腎虚と更年期障害の関係とは?2.1 なぜ腎虚になると様々な不定愁訴が出るのか?3 少しでも症状を改善するための更年期障害のセルフケア[…]

[» 続きを見る]

意外と知らない鍼灸の豆知識

毎年この時期になるとちょっと面倒くさいことが待っています。 それが「確定申告」! 個人事業主にとっては避けては通れぬ時期で、サラリーマンの方々がちょっとうらやましくなる時期でもあります。 確定申告の時期ではありますが、こ[…]

[» 続きを見る]

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

秋の花粉症シーズン到来

名古屋の鍼灸師・長谷川です。 本日から秋雨前線の影響でぐずついた天気が続くとともに、気温が急降下し一気に肌寒い日が続くため、体調管理にはよりいっそうお気をつけ下さい! さて、そんな中秋の花粉症シーズンが到来しました! 何[…]

[» 続きを見る]

患者さんの笑顔

膝の痛みで来院されている60代の女性。 整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。 しっかりと身体の[…]

[» 続きを見る]