年の瀬に嬉しいご報告

2017年ももうすぐ終わりが近づいておりますが、妊娠報告を頂きました。

当初は子宮内膜症、多嚢胞卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全など様々な不妊の原因を持たれており、基礎体温はガタガタで高温期も短かったため、ルトラールやクロミッドなどを服用しておりましたが、治療を始めて2ヶ月ほどで基礎体温が整い、ホルモン値も問題なくなり、2回目の人工授精にてご懐妊。

ご本人もウォーキングや食生活の改善などに努めていただけたため、治療開始4ヶ月※途中諸事情により1ヶ月丸まる治療できない期間があったため実際には3ヶ月で結果が出ました。

これだけ不妊の原因を持たれている方としては比較的早期にご懐妊できたことに私も非常に喜びを感じております。
Aさん、この度はおめでとうございます。

Share

関連記事

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の症例②

20代女性 3年前に結婚。 社会人になってから生理痛が酷くなったために病院へ行くと多嚢胞卵巣症候群と診断。 当時は子供のことはまだ考えていなかったが、今年から子作りを考えるが、できるだけ薬を使いたくないとのことで鍼灸治療[…]

[» 続きを見る]

気が散る

この言葉は意外と使われることが多いですが、この言葉の意味としては「1つのことに集中できない」よいう意味になるが、鍼治療でも同じようなことがいえます。 鍼治療というとテレビでは背中や肩にたくさんの鍼を打たれていることが多い[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の7月から不妊治療でお越しの40歳女性。 この度、自然妊娠の報告をいただきました。 約7ヶ月にわたり、週1回の治療を継続されお灸も毎日行なっていただけていました。 治療は補腎のために太ケイや照海を使用し、月経期には三[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と漢方薬はどちらがいいか?

こんにちは。名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 昨今では病院でも積極的に漢方薬が処方されているため、漢方薬を服用する機会が増えているかと思いますが、漢方薬は東洋医学のものですが、同じ東洋医学である鍼灸と漢方[…]

[» 続きを見る]