花粉症の食養生

花粉症の方が行う食養生としては整腸を目的にヨーグルトを食べる方が多いかと思います。

もうあんまりいないですかね?

ヨーグルトを食べることによって花粉症が楽になった!という方もいれば、「まったく効果なし!」という方もいらっしゃるかと思います。

そんなあなたは「乳糖不耐症」という乳製品に含まれる「ラクトース」という成分を分解する「ラクターゼ」という酵素をあまり持っていないということになります。

ですがあまりショックを受ける必要はありません。
元々日本人には少ない酵素なんです。

そのため乳製品を摂ることによってお腹の調子が悪くなる方は乳製品との相性がよろしくないため、乳製品を摂ることによって逆に免疫力を低下させる可能性があります。

整腸作用のある食べ物は何もヨーグルトだけではありませんよね。
日本には納豆というものがありますし、キムチなんかもOKです。
あとはごま油。

ちなみに先日のブログで僕自信もアレルギー性鼻炎持ちということはお伝えしましたが、僕はヨーグルトをよく食べますがお腹の調子が悪くなることはありません。

またまた、納豆、キムチ、ごま油などもよく食べてます。
というよりも、納豆にキムチとごま油を混ぜて食べております。
これは僕のお勧めです。

東洋医学には「医食同源」という言葉があります。
簡単に説明すると食事は医療にもなるという意味です。

普段の食事から意識してみましょう。

Share

関連記事

夏の養生

関東では昨日梅雨明けが発表されましたが、東海地方は梅雨明けしたのでしょうか? したということにしておきましょう。 さて、これから夏本番という感じで暑い日が続くようですが、体調を崩さないようにしなければいけません。 夏の養[…]

[» 続きを見る]

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

塵も積もれば山となる

皆さんは健康のために何かやっていますか? 健康のために何かをするというのは意外と大変ですが、逆に不健康なこと、つまり身体に良くないことは結構日々の生活の中であるのではないでしょうか? 日本にはこんな諺がありますよね。 「[…]

[» 続きを見る]