慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの男性。
28歳頃に風邪を引き、顔に痛みが出たため耳鼻科を受診すると副鼻腔炎と診断。

膿は服薬により出なくなるが鼻づまりが酷く、常に鼻が詰まっており、風邪を引くたびに副鼻腔炎を発症してしまう。
その他、症状としては
風邪を引きやすくなった、胆が絡みやすい、胃もたれしやすい、飲酒で鼻詰まりが酷くなる、外食が多い

脈:沈細やや弦脈
舌診:淡白舌、白苔あり

脾肺両虚証による副鼻腔炎。

治療は太淵、脾兪、胃兪、足三里、豊隆などからその日の反応を診て2〜3穴に20程置鍼。
治療期間中に1度風邪を引いてしまったが、今回は副鼻腔炎にはならず、計7回の治療で終了。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------