アトピー性皮膚炎の方へのお勧め保湿剤

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、体質改善請負人こと長谷川です。

今日はアトピー性皮膚炎の方にお勧めする保湿剤をご紹介致します。
アトピーでお悩みの方の多くはステロイドや軟膏(ワセリン)などを使用されている方が多いと思いますが、ステロイドは即効性のある薬である反面、やはり副作用というものが出てしまいます。
また、ワセリンも化学物質が含まれているため、肌に優しいかというと疑問がでてきます。

そのため、私がお勧めするのは薬局、ドラッグストアでも購入可能な「紫雲膏」という商品です。
この紫雲膏の歴史は非常に古く、江戸時代から使用されている漢方の塗り薬になり、全て食べられるものから作られているため、アトピー性皮膚炎だけではなく、口内炎などの場合に口の中にぬることも可能です。
ごま油や豚脂を使用しているため、保湿効果はバッチリです。
お値段は量にもよりますが、1,000~2,000円ほどで購入できます。

【紫雲膏の原材料】
・当帰
・紫根
・ごま油
・ミツロウ
・豚脂

【紫雲膏の効能】
・ひび、あかぎれ、しもやけ
・あせも、皮膚のただれ
・外傷、やけど
・痔の痛み、肛門裂傷
・湿疹や皮膚炎
※その他、個人的に効果が見られたのは肌の乾燥によるシワ

【注意点】
・紫雲膏でアレルギー反応が出た方は使用不可
・重度の火傷や傷がある場合
・化膿した傷や高熱がある場合
・重度のただれ我ある場合
その他、紫根という紫色の植物が含まれているため、肌にぬってすぐに白地のシャツなどを着てしまうと色が移ってしまうことと、豚脂を使用しているため特有の臭いがします。また、痒みが出た場合などはすぐに使用をして下さい。

Share

関連記事

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症と鍼灸治療

子宮内膜症に対しては鍼灸治療はピルなどとは違い副作用がないため有効な治療の選択肢になります。 子宮内膜症など婦人科疾患でお悩みの方に多く診られるのが、「オ血」と言われるドロドロとした血液を身体(子宮)に溜め込んでいる体質[…]

[» 続きを見る]

たまには洒落た店でランチを

一昨日からGWが始まりましたが、今年はほぼ仕事で終わりそうな蓬祥鍼灸院の長谷川です。 昨日はちょっと洒落たお店にランチを食べいいって来ました。もちろん1人です。 場所はささしまライブ駅から徒歩数分のJICAにある「カフェ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。 このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。 私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。 しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉[…]

[» 続きを見る]

風邪の予防①

昨日辺りから本格的に寒くなってきました。夜にバイクに乗っていましたが凍えそうでした。 さて、風邪の予防といえばうがい・手洗い・バランスの良い食事・睡眠などがありますが、その他にも家庭にある物を使って簡単にできることがあり[…]

[» 続きを見る]