花粉症にも鍼灸

秋と言えば・・・

・食欲の秋

・スポーツの秋

・読書の秋

・花粉症の秋

最後にいらないものが入ってますかね?
でも、秋の花粉症の方にとっては嫌な季節に突入してしまいました。
花粉症と言うとやはり内科や耳鼻科に行かれる方が多いかと思いますが、鍼灸治療も花粉症には有効な治療法であることをお伝えさせていただきます。

なぜなら・・・

 

自分自身が・・・

 

アレルギー性鼻炎と診断された過去があるからです!

ですが今現在はまったく症状は出ておりません。
僕の場合は夏に冷たいものを過剰に摂取していたことが原因で発症していますので、その部分を注意して夏を過ごすとともに、胃腸系の方を鍼灸で整えることにより症状が出ないようにすることができています。(ここ数年は鍼はサボり気味ですが・・・)

薬は症状を抑えるだけのものであって、本当の意味での治療とは言えないと思っています。

花粉症の場合は症状が出ている季節に治療を受けるのももちろんいいのですが、本当にしっかりと治したい!という方はやはり年間を通して月に2回ほどのペースで治療に来ていただくことによって花粉に負けない身体を作っていきます。

人によっては1回で完全に治ってしまう方もいらっしゃいますが、これは稀なケースです。

秋の花粉症で困りの方、また春の花粉症でお困りの方は鍼灸治療も考えてみてください。

Share

関連記事

ワクチンが不足中?

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 寒さが増してきた今日この頃ですが、これからインフルエンザのシーズンが始まります。そのため、予防接種を考える方が増えてくることだと思いますが、先日のニュースで「今年はワクチンが不足している[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]

年下の男性の精子が卵子を活性化

先日のyahooニュースに面白い記事が載っていました。 年下のパートナーを持つ女性の方が卵子が、同い年や年上のパートナーを持つ女性よりも妊娠しやすいという研究データになります。 年齢で言うと30歳未満の男性のパートナーを[…]

[» 続きを見る]

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]

仕事納め

2015年の診療は本日の午前を持って終了となります。 今年は精神疾患や妊婦さんの浮腫み、後半は耳鳴りや難聴などを診させていただく機会が多かったかな?っと感じます。 また、中学生や高校生などの若い年代の方の治療も開院してか[…]

[» 続きを見る]