原因不明の時こそ東洋医学

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。

昨日の台風はなかなかの雨風で今も風がビュービュー吹いております。

体の調子が悪く、近所のかかりつけの病院へ行き検査をするが異常なし。さらに大学病院を受診しても異常なしというのは珍しいことではありません。おそらく、お医者さんとしてもこのような場合は困るのではないかな?と個人的には思っています。
検査というのは正常値が定められており、体に不調があっても規定値におさまっていれば問題なし。逆にその規定値におさまらない場合に問題があるとされます。

 

このように検査では異常が見つからないが、体に不調を感じる状態を「未病」と言います。
未病とは「未だ(まだ)病気ではない。」という状態です。

このようなケースでは西洋医学では治療が困難なことが多く、西洋医学よりも東洋医学の方が力を発揮します。

西洋医学ではしっかりと確定診断ができなければ治療をすることができない医学になりますが、東洋医学はそもそもの人の体の診方が西洋医学とは大きく違っております。

東洋医学では患者さんの体に出てきている「異常」を捉えていきます。
例えば舌の状態、脈の強さや速さ、脈の打ち方、お腹の固さや冷え、顔色、爪の状態など・・・

東洋医学には東洋医学の体の診方というのが存在します。
そのため、原因不明、病院で検査をしても異常がないが体の不調があるとお困りの場合は是非、東洋医学を頼ってみてください。

Share

関連記事

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

卵巣と精巣のお話

女性にとって冷えは大敵!と言いますが、では男はどうなのか?考えたことありますか? 身体にとっては冷えは確かに良くありませんが、男の場合は熱にも注意するべきです。 卵巣は体内にあり、精巣は陰嚢という袋の中にあるため、体内に[…]

[» 続きを見る]

夏の養生

関東では昨日梅雨明けが発表されましたが、東海地方は梅雨明けしたのでしょうか? したということにしておきましょう。 さて、これから夏本番という感じで暑い日が続くようですが、体調を崩さないようにしなければいけません。 夏の養[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症の方に見られる共通の原因

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日は当院でも患者数が多い円形脱毛症についてのお話です。 円形脱毛症の患者さんの数が多く、色々な方の体を診てきてある「共通点」があることに気がついたので、この共通点についてのお話に[…]

[» 続きを見る]

「歩く」と「辛い」に秘められた意味

「少し」「止まる」と書いて「歩く」。着実に前に進んでいます。 「辛い」という漢字は「幸せ」になる途中。 ====================================================== 昨日の[…]

[» 続きを見る]