今度は秋バテ

こんにちは。
名古屋の鍼灸師・長谷川です。

最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。
「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」という言葉が誕生してきました。

夏バテといえば・・・
食欲不振、倦怠感、だるさ、睡眠障害などですが、これらの症状は夏の高温多湿な気候と冷房の効いた部屋を出入りすることで、体の体温調節機能がうまく働かなくことが原因で発症します。

では「秋バテ」とはどのような症状があるのかというと・・・
夏バテとほぼ同じ症状です。

 

そのため、ようやく涼しくなってきたのに何だか体がだるい、疲れやすい、食欲がない、寝れないという症状があれば「秋バテ」の可能性があります。

秋バテの原因は・・・
朝晩とに中の気温差による体温調節機能の乱れになります。
数日前から全国各地で気温が低下してきましたが、1週間ほど前までは朝晩は涼しいが日中は非常に暑いというこの寒暖差で自律神経が乱れ、体温調節機能がうまくいかなくなり、秋バテを発症します。

対策としては
・ゆっくりとぬるま湯に浸かる
・適度な運動
・脱ぎ着しやすい服装
・腹式呼吸

このあたりをご自身で実践してみましょう!

Share

関連記事

これぞ異病同治

異病同治とは・・・ 「異なった病気でも、病気の原因が同じであれば治療法も同じ」という東洋医学独特の考え方になります。 ①冷え性を訴える女性 ②眼精疲労を訴える男性 ③花粉症の女性 3名ともツボを探っていくと臍の斜め下にあ[…]

[» 続きを見る]

「歩く」と「辛い」に秘められた意味

「少し」「止まる」と書いて「歩く」。着実に前に進んでいます。 「辛い」という漢字は「幸せ」になる途中。 ====================================================== 昨日の[…]

[» 続きを見る]

眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。 東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。 1.脾気虚(胃腸の弱り) 2.湿邪の停滞 まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。 脾と[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果②

定期的に来院される50代女性。 足がパンパンに張って痛みとダルさを訴えられていた。 足を診ると大腿部に細絡を確認。 右脚は胃経の梁丘(りょうきゅう)付近、左足は脾経の血海付近 左右の大腿部に刺絡を行なうと赤黒い血液が放出[…]

[» 続きを見る]

半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性 主訴:両膝の痛み 半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。 病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。 以後、1週間から1[…]

[» 続きを見る]