不妊治療の病院選び②

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

ご自身が不妊症かも?っと思い病院を探す時に重視されることはおそらく「通いやすさ」や「自宅からの距離」になるかと思います。
当院の患者さんのほとんどもやはり自宅からの通いやすさなどを重視して婦人科を選ばれている方が多いかと思います。

しかし、街中にある婦人科へ不妊治療目的で通われている方にはちょっとした不満を持たれている方もいらっしゃいます。
その不満というのが「ちゃんと検査してもらえない・・・」ということです。

例えば
・初診の際に基礎体温表を持参していくが、体温のがたつきが見られるにもかかわらず「特に問題ありません。」
・ホルモン値を調べるための血液検査を行なわずに、性病検査だけして「特に問題ありません。」
・基礎体温表だけをみて、特に説明なくクロミッドなどの排卵誘発剤を処方される。

このような不満を持たれている方も結構いらっしゃいますが、皆さんはいかがでしょうか?

もし、このよう不満をお持ちのようでしたら、不妊治療に力を入れている大き目の病院への転院をお勧めいたします。
ご自身ではしっかりと検査してもらいたいが、病院側があまりしっかりと検査してもらえないというのであれば、やはり大き目の病院を受診された方が納得のいく検査を行なってもらうことができます。
ただし、デメリットとしては込み合うため非常に時間がかかります。
この部分だけはご了承の上、ご検討していただければと思います。

Share

関連記事

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]

花粉症 47歳 女性

もともとは昨年の夏から美容鍼を受けに来られていた方。 美容鍼とともに春には花粉症があると言うことで身体の治療は花粉症のための治療を行っていました。 症状としては鼻水や鼻づまりはそれほどなく、目の痒みがあるていど。 弁証:[…]

[» 続きを見る]

うつ病に対する鍼灸治療

「うつ病はなぜ起こるのか?」 はっきりした原因はまだよくわかっていませんが、ストレスなどにより脳から分泌されるノルアドレナリンとセロトニンという神経伝達物質の分泌量が減ることによりうつ病が起きるとされています。 このノル[…]

[» 続きを見る]