呼吸を変えれば身体も変わる

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。
一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。
呼吸法には、肋骨を広げたり閉じたりする「胸式呼吸」と、腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる「腹式呼吸」とがあります。

一般的に女性には「胸式呼吸」が多く、男性には「腹式呼吸」が多いと言われていますが、「腹式呼吸」の方が、精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化などの効果が高いのです。
また、脳波がリラックスしたα波やθ波の状態になります。
呼吸を意識するだけで身体がリラックス状態になれるわけですから、ストレス社会といわれている今、性別に関係なく、「腹式呼吸」を行ったほうが身体には良いのでは?

ではやり方ですが、POINTはお腹を出したり引っ込ませたりすることです。
①まずは息を思いっきり口からでも鼻からでもいいので吐き出します。
②息を吐き出す際、お腹も一緒に引っ込ませます。
③息を吐ききったら、3~5秒ほどかけて鼻から酸素を吸い込み、吸い込んだ酸素をお腹(へその下)の方へ入れていくようにお腹を膨らませます。
④吐く時は鼻でも口でもどちらでもいいので、吸い込んだ時の倍ぐらいの時間をかけてゆっくりと吐き出します。

どうでしょう?
結構リラックスできませんか?
これをまずは5回ほどやってみてください!

Share

関連記事

ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察 現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも[…]

[» 続きを見る]

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

セルフケアってなぜ必要なの?

コンテンツ1 セルフケアってなぜ必要なの?2 肌のセルフケアはするのになぜ心身のセルフケアはしないの?3 セルフケアをすれば医療費は減る4 どんなことをすればいいの?4.1 ストレス発散4.2 休息を取る4.3 運動をす[…]

[» 続きを見る]