呼吸を変えれば身体も変わる

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。
一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。
呼吸法には、肋骨を広げたり閉じたりする「胸式呼吸」と、腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる「腹式呼吸」とがあります。

一般的に女性には「胸式呼吸」が多く、男性には「腹式呼吸」が多いと言われていますが、「腹式呼吸」の方が、精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化などの効果が高いのです。
また、脳波がリラックスしたα波やθ波の状態になります。
呼吸を意識するだけで身体がリラックス状態になれるわけですから、ストレス社会といわれている今、性別に関係なく、「腹式呼吸」を行ったほうが身体には良いのでは?

ではやり方ですが、POINTはお腹を出したり引っ込ませたりすることです。
①まずは息を思いっきり口からでも鼻からでもいいので吐き出します。
②息を吐き出す際、お腹も一緒に引っ込ませます。
③息を吐ききったら、3~5秒ほどかけて鼻から酸素を吸い込み、吸い込んだ酸素をお腹(へその下)の方へ入れていくようにお腹を膨らませます。
④吐く時は鼻でも口でもどちらでもいいので、吸い込んだ時の倍ぐらいの時間をかけてゆっくりと吐き出します。

どうでしょう?
結構リラックスできませんか?
これをまずは5回ほどやってみてください!

Share

関連記事

妊娠しやすい体作り~冷え対策~

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院長谷川です。 今回は妊娠しやすい体作り【冷え対策】です。 冷え性は多くの女性が悩んでいる症状の1つになり、「冷えは万病の元」などとも言われますが、冷え性が不妊症に大きく[…]

[» 続きを見る]

瞼裂斑炎の症例

現在来院中の30代女性。 先週来院された際に左目の外側のみ充血していたためどうしたのか聞くと「瞼裂斑炎(けんれつはんえん)」と眼科で診断されたそうです。 正直、聞いたことのない病名でしたが、眼科では目薬を出されているだけ[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群を食事で改善する方法

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法2 多嚢胞卵巣症候群と食事の関係3 血糖値の急上昇を防ぐ食事法3.1 糖質以外は制限しないこと4 まとめ 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法 比較的若い女性[…]

[» 続きを見る]

婦人科疾患の原因

このようなお悩みはありませんか? ・なかなか妊娠できない ・生理痛 ・子宮内膜症 ・子宮腺筋症 ・子宮筋腫 ・卵巣嚢腫 ・月経前症候群(PMS) ・その他生理前の不快な症状 東洋医学は西洋医学とは違い、誰もが持っている自[…]

[» 続きを見る]

応援してます!

昨年の10月に体調不良でご来院いただいて以降、定期的に体のメンテナンスをさせていただいている患者様がアクセサリーの販売を始めました。 仕事・育児・家事の合間にコツコツと制作されています。 お値段も非常にお手ごろとなってい[…]

[» 続きを見る]