全頭型脱毛症の症例

30代 男性 全頭型脱毛症の症例

6月中旬に来院。
今年の5月に会社の上司2人の不仲から職場の空気が悪くなったことがきっかけで脱毛症を発症。
当初は1箇所のみだったが、円形脱毛症になってしまったことにショックを受け、精神的に辛かったため思い切って坊主にする。

皮膚科を受診し、血液検査を行なっても特に以上はなく、ステロイドを使用した治療を行っても改善なし。
アトピー性皮膚炎などの既往歴もなし。
脱毛症になり、精神的に落ち込んだことにより食欲が低下し、睡眠の質も悪くなる。

来院した時点では仕事を休職していた。

1枚目の写真は初回の来院時の状態。
脱毛が始まってから1ヶ月も経っていないため、まだまだ脱毛は続くことが予想されたため、そのことはご本人にもしっかりとお伝えするとともに、治療期間も約半年は必要であることをお伝えする。

治療は「肝鬱気滞」による脱毛症とし、合谷、後谿、百会、天枢などの反応を診て、その都度1~2箇所のツボを選穴し治療を行う。その他、梅花鍼を5分程度。

 

 

 

治療を開始しするも、予想通り脱毛は進行しましたが、約2ヵ月後には発毛が始まりました。
以後も同様の治療を継続すると、しっかりと発毛が続き、10月初旬には問題ないレベルには回復したため、治療は終了。

 

 

 

当初の予測よりも半分ほどの期間で治療を終えることができましたが、まずは早期に治療を開始できたことが理由として挙げられます。その他、会社としてもストレス源となった上司2人にしっかりと注意をしてもらえ、さらには部署の移動も行なってもらえたことでストレスから開放されたことで早期治癒に繋がりました。

Share

関連記事

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】 脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。 顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。 そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあ[…]

[» 続きを見る]

ONとOFFの切り替え

ONとOFFの切り替えはできていますか? 休みの日でも仕事のことを考えていたりしませんか? このONとOFFの切り替えというのは、仕事と休みということです。 日本人は世界の人々からすると働きすぎとよく言われていますが、こ[…]

[» 続きを見る]

肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。 膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体作り~運動編~

  妊娠しやすい体作り【運動編】 こんにちは。体質改善請負人こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 【適度な運動をしよう】 皆さんは普段どの程度の運動をしていますか? 会社に行く際に車や電車の方が多く、自転車通勤という方[…]

[» 続きを見る]