先生は何歳ですか?

最近、新規の患者さんによく聞かれます。
特に年上の方には比較的若く見られるようですがこう見えて34歳です。

年齢を気にされるのにはやはり理由があると思いますが、その一番の理由は「年齢と経験年数」ということだと思います。
やはり、30代よりも40代、40代よりも50代の方の方が経験年数があるように思われるかもしれませんが、正直、その理論はこの業界では当てはまりません。
この業界は高校卒業してすぐに入学する方もいれば、社会人を経験して脱サラで入ってくる方もいます。そのため、年齢幅は非常に広く、下は19歳、上は50代で入学される方もいます。
実際に私の同級生では一番上の方で38歳ぐらいの方がいました。その他、30代後半の二児の母の方も。

そのため、年齢が高い=経験年数があるという考え方はお持ちにならない方が良いでしょう。

そして、もう1つお伝えしたいことがあります。
それが、先ほどと同じようなことにもなりますが、「年齢が高い=治療技術が高い」ということです。
これもハッキリ申し上げると答えは「NO」となります。

40代、50代でも私より治療技術が低い方もいますし、私より年齢が若くて治療技術が高い方もいます。

治療は人が人に行なうことのため、やはり相性というものも大切ですが、見た目や年齢で治療技術を判断することはできないということをまずはご理解いただければと思います。あとは皆さんが「信頼できるかどうか」、ここが一番大切なことだと思います。

Share

関連記事

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

眠気

問診をしているとちょくちょく出会うのが「眠気」を訴える方。 特に食後の眠気にチェックが入る方は割と多い。 この眠気は以前にもブログで書きましたが、改めてご説明します。 まずは今の医学では2つの要因があります。 【ホルモン[…]

[» 続きを見る]

経穴(ツボ)と経絡

経絡とは専門的な言い方をすると気血の通り道ということになりますが、何となくこの言葉は受け入れがたい言い方にもなってしまします。 なので分かりやすい表現をすると経絡とは線路や路線と言われます。 ガタン、ゴトン、ガタン、ゴト[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

鍼で血液検査の結果が良くなる

腰痛で来院されていた50代男性。 糖尿病の既往歴あり。 ・服薬前の血糖値:170~180 ・服薬後の血糖値:150 鍼灸治療5回行い定期健診で血液検査を行なうと130ほどに下がっていた。 今回の場合は糖尿病の治療を行なっ[…]

[» 続きを見る]