円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。

「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあったか確認するように!」

当時は従順な学生だったため、言われたことをそのまま記憶しているだけでしたが、勉強をしていくうちになぜ2ヶ月前?という疑問が出てきました。
結論から言えば前回の「ヘアサイクルが関係している」ということになります。

ざっくりですが、ヘアサイクルのおさらいです。
髪が新たに生えてきたり、伸び続ける「成長期」→髪の成長が止まりかける「退行期」→髪の成長が完全に停止し、自然と抜ける「休止期」→成長期→退行期→休止期・・・これが髪の毛のサイクルでした。

そして、円形脱毛症の多くはストレスから発症することを考えると以下のようになります。
1)ストレスにより交感神経が優位になり、血行障害が起き休止期や退行期に入っている髪の毛へ血流が行かなくなるために抜け落ちてしまう。
2)血行障害が起きているため成長期に入り、生えてくるはずの髪の毛が生えてこない。

このようなことが頭皮、頭髪で起こり約2ヶ月かけて一気に脱毛という現象が起きてしまうのでしょう。
そのため、脱毛が起きた場合はまずは頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージを行なうとともにストレス源を見つけ出し、対処する必要があります。
その他、脱毛症の方には金属アレルギーの検査もお勧めします。

Share

関連記事

東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。 このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。 私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。 しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉[…]

[» 続きを見る]

本日より新店舗の内装工事スタート!

本日より新店舗の内装工事がスタートします! 現状は「スケルトン」と言い鉄骨むき出しで全く何もない状態です。しかも、床のコンクリートさえもないというから困ったものです。。。 さらに以前は雀荘だったためか、南側と西側の壁も塞[…]

[» 続きを見る]

今話題の「春バテ」

昨日からようやく春らしい天気になりました! 風がちと強いのが嫌ですけどね。 さて、昨日のニュースの中で夏バテならぬ、「春バテ」について取り上げられていました。 春バテとは寒暖差によって引き起こされる自律神経系の乱れにより[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]

排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。 しかし、基礎体温をしっかりつけており、お互いに特に問題もない、タ[…]

[» 続きを見る]