円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。

「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあったか確認するように!」

当時は従順な学生だったため、言われたことをそのまま記憶しているだけでしたが、勉強をしていくうちになぜ2ヶ月前?という疑問が出てきました。
結論から言えば前回の「ヘアサイクルが関係している」ということになります。

ざっくりですが、ヘアサイクルのおさらいです。
髪が新たに生えてきたり、伸び続ける「成長期」→髪の成長が止まりかける「退行期」→髪の成長が完全に停止し、自然と抜ける「休止期」→成長期→退行期→休止期・・・これが髪の毛のサイクルでした。

そして、円形脱毛症の多くはストレスから発症することを考えると以下のようになります。
1)ストレスにより交感神経が優位になり、血行障害が起き休止期や退行期に入っている髪の毛へ血流が行かなくなるために抜け落ちてしまう。
2)血行障害が起きているため成長期に入り、生えてくるはずの髪の毛が生えてこない。

このようなことが頭皮、頭髪で起こり約2ヶ月かけて一気に脱毛という現象が起きてしまうのでしょう。
そのため、脱毛が起きた場合はまずは頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージを行なうとともにストレス源を見つけ出し、対処する必要があります。
その他、脱毛症の方には金属アレルギーの検査もお勧めします。

Share

関連記事

鍼灸治療と薬の服用

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。 回答としては・・・ 「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。 これは薬に関しては鍼灸[…]

[» 続きを見る]

東洋医学関連番組

本日19時より名古屋テレビ(テレビ朝日系列)にて林修の今でしょ講座「医者に聞きにくい病気・薬の疑問を解消!!3時間SP」が放送されます。 この番組では割と漢方薬についても紹介されている番組で、今回は最強の漢方薬が4つ紹介[…]

[» 続きを見る]

起立性調節障害かも?高校生が朝起きれないのは自律神経の乱れを疑おう

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 いつからか子供が朝起きられなくて悩んでいたり、遅刻、欠席が多く高校の出席日数や単位が足りずに進級があぶないと悩んでいませんか? 中学生や高校生などの思春期の子供が朝起きられない理由は自律神経の乱[…]

[» 続きを見る]

過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。 今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。 腎といっても「腎臓」ではありません。 花粉症の症[…]

[» 続きを見る]

スマホ肘

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 皆さんは、携帯電話はガラケーですか?それともスマホですか? おそらく、大半の方がスマホを使用していることと思います。 スマホは非常に便利で小さなパソコンと言える物ですが、1[…]

[» 続きを見る]