円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。

「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあったか確認するように!」

当時は従順な学生だったため、言われたことをそのまま記憶しているだけでしたが、勉強をしていくうちになぜ2ヶ月前?という疑問が出てきました。
結論から言えば前回の「ヘアサイクルが関係している」ということになります。

ざっくりですが、ヘアサイクルのおさらいです。
髪が新たに生えてきたり、伸び続ける「成長期」→髪の成長が止まりかける「退行期」→髪の成長が完全に停止し、自然と抜ける「休止期」→成長期→退行期→休止期・・・これが髪の毛のサイクルでした。

そして、円形脱毛症の多くはストレスから発症することを考えると以下のようになります。
1)ストレスにより交感神経が優位になり、血行障害が起き休止期や退行期に入っている髪の毛へ血流が行かなくなるために抜け落ちてしまう。
2)血行障害が起きているため成長期に入り、生えてくるはずの髪の毛が生えてこない。

このようなことが頭皮、頭髪で起こり約2ヶ月かけて一気に脱毛という現象が起きてしまうのでしょう。
そのため、脱毛が起きた場合はまずは頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージを行なうとともにストレス源を見つけ出し、対処する必要があります。
その他、脱毛症の方には金属アレルギーの検査もお勧めします。

Share

関連記事

自律神経失調症の鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 女性 自律神経失調症による不眠症2 弁証、治療について3 考察 30代 女性 自律神経失調症による不眠症 元々、名古屋に住んでいたが結婚をしたため、夫の地元である他県へと引っ越すが、姑への結婚前の挨[…]

[» 続きを見る]

増える男性不妊の原因は精子の減少が原因か?

コンテンツ1 現代人の精子が減少傾向の理由とは?2 デスクワークも影響する3 精子の弱点とは?4 適度な排出も重要5 精子力をアップさせる方法6 まとめ 現代人の精子が減少傾向の理由とは? 海外のデータになりますが、現代[…]

[» 続きを見る]

PMSは東洋医学ではどう考えるか?

コンテンツ1 東洋医学でのPMSの基本的な考え方2 なぜ色々な症状が出てくるのか?3 東洋医学的なPMSの体質 東洋医学でのPMSの基本的な考え方 PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]