ヘアサイクル

こんにちは。
名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。

今日はヘアサイクルについてです。
ヘアサイクル、つまり髪の毛の周期に関することです。

髪の毛は常に同じ1本が生え続けているわけではありません。
1本の髪の毛はある程度の年月成長すると、成長が止まり伸びなくなり、やがて自然と抜け落ちたり、髪をといた時の刺激やシャンプーの時に抜け落ちていきます。その数、1日に100本前後と言われています。

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、「休止期」という時期があります。

●成長期
髪の毛が新しく生えて、切っても延びてくる時期で2~6年と言われます。

●退行期
髪の毛の成長が止まる時期で約2週間と言われています。

●休止期
髪の毛の成長が完全に止まり、髪の毛が抜け落ちる時期で数ヶ月と言われています。

【ヘアサイクルとしてはこのような感じ】
成長期の数年間は切っても伸び続ける→退行期に入り髪の成長が止まる→休止期に入り数ヶ月の間に抜け落ちる→成長期に入り、抜けた毛穴から新たに髪の毛が生えてくる・・・・

このサイクルが髪の毛1本1本違うタイミングで起きていることになります。

では、男女ともに髪のボリュームが少なくなり、薄げに悩んでいる・・・というケースではヘアサイクルのどこの時期に問題があるかと言うと、「休止期の長さ」と「成長期の短さ」になります。
通常ですと成長期に数年間に渡り成長を続ける髪の毛があっという間に退行期に入り成長が止まり、新たな髪の毛が生えてくるまでの休止期が長くなってしまうためになります。
この状態では髪の毛はドンドン抜けていくが、新たに髪の毛が生えても細く、短いものになり、この髪の毛もすぐに抜け落ちてしまうことになります。

そのため、薄毛を改善するためにはこの休止期からの脱却と髪の毛の成長を促す必要があります。

Share

関連記事

気温差が激しい今日この頃

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近は朝・晩の気温が大分低くなり、涼しいを通り越してやや肌寒いぐらいの日があるかと思いきや、日中になると30℃前後にまで気温が上がるため、体調管理が難しくなってきます。 こういった[…]

[» 続きを見る]

気の流れが悪い「気滞体質」

気は体の中を自由に滞りなく流れているのが正常な状態になりますが、ストレスや心配事により気の流れが悪くなった状態。 ストレスというと主に人間関係と思いがちですが、不快な音や匂い、またデスクワークによる同じ姿勢を長時間強いら[…]

[» 続きを見る]

他の病気が引き起こした円形脱毛症

円形脱毛症でお越しの30代女性 8月に他の病気の手術をしたことにより、術後2週間後に脱毛症を発症。 10月に遠方へ引越しをし、近くに鍼灸院がないため何とかして欲しいとのこと。 8月下旬から週2回の治療を開始し1ヶ月で完璧[…]

[» 続きを見る]

不妊治療における病院選び

不妊治療での病院選びは皆さんはどうされていますか? 大半の方がまずは近所、もしくは通いやすい産婦人科を探されて受診されている方が多いかと思います。 まずはそれでOKだと思います。 そういったところで、タイミング指導を受け[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。 それが「刺絡」という治療法。 刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪[…]

[» 続きを見る]