ヘアサイクル

こんにちは。
名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。

今日はヘアサイクルについてです。
ヘアサイクル、つまり髪の毛の周期に関することです。

髪の毛は常に同じ1本が生え続けているわけではありません。
1本の髪の毛はある程度の年月成長すると、成長が止まり伸びなくなり、やがて自然と抜け落ちたり、髪をといた時の刺激やシャンプーの時に抜け落ちていきます。その数、1日に100本前後と言われています。

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、「休止期」という時期があります。

●成長期
髪の毛が新しく生えて、切っても延びてくる時期で2~6年と言われます。

●退行期
髪の毛の成長が止まる時期で約2週間と言われています。

●休止期
髪の毛の成長が完全に止まり、髪の毛が抜け落ちる時期で数ヶ月と言われています。

【ヘアサイクルとしてはこのような感じ】
成長期の数年間は切っても伸び続ける→退行期に入り髪の成長が止まる→休止期に入り数ヶ月の間に抜け落ちる→成長期に入り、抜けた毛穴から新たに髪の毛が生えてくる・・・・

このサイクルが髪の毛1本1本違うタイミングで起きていることになります。

では、男女ともに髪のボリュームが少なくなり、薄げに悩んでいる・・・というケースではヘアサイクルのどこの時期に問題があるかと言うと、「休止期の長さ」と「成長期の短さ」になります。
通常ですと成長期に数年間に渡り成長を続ける髪の毛があっという間に退行期に入り成長が止まり、新たな髪の毛が生えてくるまでの休止期が長くなってしまうためになります。
この状態では髪の毛はドンドン抜けていくが、新たに髪の毛が生えても細く、短いものになり、この髪の毛もすぐに抜け落ちてしまうことになります。

そのため、薄毛を改善するためにはこの休止期からの脱却と髪の毛の成長を促す必要があります。

Share

関連記事

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

手湿疹の治療終了!

以前から治療していた手湿疹の治療が終了しました。 仕事柄、水仕事をするためなかなかしつこかったですが継続治療と食生活の改善を行った結果です。 初回がこちら。(12月2日) 約1ヶ月後。 2月4日

LINE@が使えるようになりました

現在、電話が利用できない状況が続いているため、代わりにLINE@が利用できるようになりました。 簡単にご説明すると、LINEを利用して問い合わせができるも、店舗用のラインアカウントになります。 下記のURLをクリックする[…]

[» 続きを見る]

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]