ヘアサイクル

こんにちは。
名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。

今日はヘアサイクルについてです。
ヘアサイクル、つまり髪の毛の周期に関することです。

髪の毛は常に同じ1本が生え続けているわけではありません。
1本の髪の毛はある程度の年月成長すると、成長が止まり伸びなくなり、やがて自然と抜け落ちたり、髪をといた時の刺激やシャンプーの時に抜け落ちていきます。その数、1日に100本前後と言われています。

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、「休止期」という時期があります。

●成長期
髪の毛が新しく生えて、切っても延びてくる時期で2~6年と言われます。

●退行期
髪の毛の成長が止まる時期で約2週間と言われています。

●休止期
髪の毛の成長が完全に止まり、髪の毛が抜け落ちる時期で数ヶ月と言われています。

【ヘアサイクルとしてはこのような感じ】
成長期の数年間は切っても伸び続ける→退行期に入り髪の成長が止まる→休止期に入り数ヶ月の間に抜け落ちる→成長期に入り、抜けた毛穴から新たに髪の毛が生えてくる・・・・

このサイクルが髪の毛1本1本違うタイミングで起きていることになります。

では、男女ともに髪のボリュームが少なくなり、薄げに悩んでいる・・・というケースではヘアサイクルのどこの時期に問題があるかと言うと、「休止期の長さ」と「成長期の短さ」になります。
通常ですと成長期に数年間に渡り成長を続ける髪の毛があっという間に退行期に入り成長が止まり、新たな髪の毛が生えてくるまでの休止期が長くなってしまうためになります。
この状態では髪の毛はドンドン抜けていくが、新たに髪の毛が生えても細く、短いものになり、この髪の毛もすぐに抜け落ちてしまうことになります。

そのため、薄毛を改善するためにはこの休止期からの脱却と髪の毛の成長を促す必要があります。

Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

身体が大きく見えるか?小さく見えるか?

身体が小さく見えるか、大きく見えるかと言われてもどういうこと?と思われるかもしれませんが、これは治療をしていく上で非常に大事になります。 もし、この時点で「あっ!」っと思われた方は既に経験があるのかもしれません。 これは[…]

[» 続きを見る]

ONとOFFの切り替え

ONとOFFの切り替えはできていますか? 休みの日でも仕事のことを考えていたりしませんか? このONとOFFの切り替えというのは、仕事と休みということです。 日本人は世界の人々からすると働きすぎとよく言われていますが、こ[…]

[» 続きを見る]

気が散る

この言葉は意外と使われることが多いですが、この言葉の意味としては「1つのことに集中できない」よいう意味になるが、鍼治療でも同じようなことがいえます。 鍼治療というとテレビでは背中や肩にたくさんの鍼を打たれていることが多い[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体作り~体重・体脂肪編~

  妊娠しやすい体作り【体重・体脂肪編】 「余計なお世話だ!」っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、体重管理というのは妊娠しやすい体を作っていく上ではやはり大切な要素となってきます。 ではなぜ体重管理が大[…]

[» 続きを見る]