2年ほど前から食べ物が逆流する感覚があり、内科を受診すると「逆流性食道炎」と診断。
胃カメラで検査をすると軽い炎症があり、服薬にて治療を開始するも効果がなかったため、最寄のN治療院にて鍼灸治療を開始。
治療院では精神的なものから起きる逆流性食道炎とのことで約1年半にかけて治療を行なうも、効果なし。
その後は漢方薬局で処方された漢方薬を服用すると症状の軽減がみられたが、胃酸が上がってくる感じはまだ症状は残っている。

ホームページをみて当院に来院される。
現在の症状は食欲なく、食べたいと思わず少食。
また、食後に症状が悪化するが、空腹時の方が幾分は楽になる。
発症以前は甘いものが好きでよく食べていた。

脈診:沈弦脈、左尺位弱脈
舌診:舌質淡白、舌先紅刺、微黄苔

依然通われていた鍼灸治療院では「肝気逆」による逆流性食道炎として治療を行うも、効果がなかったため、当院では「湿困脾土」によるものと考え治療を開始。

初回
左列ケツ、左豊隆に15分置鍼
弦脈落ち着き、喉の異物感が楽になる。

その後は同処置に加えて、日によっては適宜、百会穴を加えて治療を行うこと8回で逆流性食道炎は治癒。
1年半ほど鍼灸治療を受けていても効果がなかった理由は「弁証」という東洋医学による体質診断が間違っていたからだと思われます。

肝気逆はストレスによる気の上昇が原因となりますが、湿困脾土は胃に湿痰という病理物質が過剰に溜まっていることが原因になります。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------