日光に当たってますか?

梅雨が明け、本格的な夏到来となりましたが、体調の方はいかがでしょうか?

さて、夏言えば女性の天敵ともいえる「紫外線」が非常に気になるところかと思いますが、日焼け対策はバッチリと言う女性が多いかと思います。紫外線はシミの原因となってしまうため、しっかりと対策をして下さい・・・と言いたいところではありますが、まったく逆のことを言わせて頂きます。

ちゃんと日光に当たっていますか?

なぜこのようなことを言うのかと言うと、日光に当たる必要があるからですね。
なぜ、日光に当たる必要があるのかと言うと、日光に当たることで体の中でビタミンDの合成が促進されるからです。

日光に当たることで皮膚でビタミンDが作られ、腸内のカルシウムを吸収し血中カルシウム濃度を高めることで骨の合成に一役買ってくれています。
ビタミンDが不足することで子供では「くる病」、大人では骨軟化症や骨粗しょう症などになる危険性があります。

でもやっぱり、紫外線が気になると言う方が多いかと思います。
しかし、長時間にわたり全身で日光に当たる必要はありません。夏場であれば手のひらを15分間だけ日光に当てるだけでも充分なんです。手のひらは日焼けしにくい場所のため日光に当てる部位といてはお勧めです。
その他としては例えば、洗濯物を干す時や取り込む時などの短時間でもいいので日焼け対策をしなければおそらく問題はなくなるかと思います。

日焼け対策も大事ですが、日光に当たることも大切なことなので何事もほどほどにしましょう。

Share

関連記事

【みんなの疑問】2,000年以上の歴史がある鍼灸治療の効果について

鍼灸治療に興味があるけど、どんな症状に効果があるのか、自分の体の悩みに効果があるのかがわからないという方は多いと思います。 また、鍼灸治療を受けているけどなかなか効果が感じられないという方も多いかもしれません。 本記事で[…]

[» 続きを見る]

うつ病の治療期間ってどのくらい?

コンテンツ1 うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?2 うつ病の治療が長期にわたる理由3 病院を変えれば治療期間は短くなるの?4 うつ病治療で大切なこと うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの? ご自身や家族がうつ病に[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師とは?

本当に凄い鍼灸師ってどんな人でしょうか? きっと多くの方が 「どんな病気でも1回で治してしまう」または、どんな病気も治してしまう。 という鍼灸師を想像されると思いますが、これは間違いです。 なぜなら1回で治すことができな[…]

[» 続きを見る]

生理痛 40代 女性

生理初日に毎回下腹部に刺すような痛みと頭痛があるため、ナロンエースまたはロキソニンを服用しており、周期的に本日あたりに生理が来そうで下腹部が張っており、左肩にも痛みがある。 気滞として1寸3番鍼で左合谷に1本。 15分後[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集

コンテンツ1 坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集1.1 坐骨神経痛 42歳 女性1.2 50代女性 ヘルニアの手術後の坐骨神経痛1.3 30代女性 軽度の腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛1.4 50代女性1.5 坐骨神経痛 […]

[» 続きを見る]