日光に当たってますか?

梅雨が明け、本格的な夏到来となりましたが、体調の方はいかがでしょうか?

さて、夏言えば女性の天敵ともいえる「紫外線」が非常に気になるところかと思いますが、日焼け対策はバッチリと言う女性が多いかと思います。紫外線はシミの原因となってしまうため、しっかりと対策をして下さい・・・と言いたいところではありますが、まったく逆のことを言わせて頂きます。

ちゃんと日光に当たっていますか?

なぜこのようなことを言うのかと言うと、日光に当たる必要があるからですね。
なぜ、日光に当たる必要があるのかと言うと、日光に当たることで体の中でビタミンDの合成が促進されるからです。

日光に当たることで皮膚でビタミンDが作られ、腸内のカルシウムを吸収し血中カルシウム濃度を高めることで骨の合成に一役買ってくれています。
ビタミンDが不足することで子供では「くる病」、大人では骨軟化症や骨粗しょう症などになる危険性があります。

でもやっぱり、紫外線が気になると言う方が多いかと思います。
しかし、長時間にわたり全身で日光に当たる必要はありません。夏場であれば手のひらを15分間だけ日光に当てるだけでも充分なんです。手のひらは日焼けしにくい場所のため日光に当てる部位といてはお勧めです。
その他としては例えば、洗濯物を干す時や取り込む時などの短時間でもいいので日焼け対策をしなければおそらく問題はなくなるかと思います。

日焼け対策も大事ですが、日光に当たることも大切なことなので何事もほどほどにしましょう。

Share

関連記事

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。 湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ) 原因は不明とされていますが[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関する番組情報

本日、メーテレにて20:00~「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて漢方薬や鍼灸に関して2時間放送されます。 おそらく、メインは漢方薬の内容になるかと思いますが、東洋医学の考え方を知ることができるチ[…]

[» 続きを見る]

鍼で血液検査の結果が良くなる

腰痛で来院されていた50代男性。 糖尿病の既往歴あり。 ・服薬前の血糖値:170~180 ・服薬後の血糖値:150 鍼灸治療5回行い定期健診で血液検査を行なうと130ほどに下がっていた。 今回の場合は糖尿病の治療を行なっ[…]

[» 続きを見る]

最後に行きつくのが鍼灸治療

先日患者さんとの会話で、「世の中には色々な治療があるけど、最終的に辿り着くのは鍼灸だね。」というお話になりました。 やはり鍼灸治療は鍼灸治療は「痛い」という先入観から敬遠されがちなのでしょう。 何を隠そう、この方もご自身[…]

[» 続きを見る]

患者さんの笑顔

膝の痛みで来院されている60代の女性。 整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。 しっかりと身体の[…]

[» 続きを見る]