円形脱毛症のNG行動

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。

最近、円形脱毛症でお悩みの方が来院されたり、お問い合わせがあったりしますが、円形脱毛症になってしまった方に注意していただきたいことがあります。特に男性です。

脱毛症になってしまうとやはり誰でもショックになります。見た目が気になって仕方ないですよね。
しかし、男性の場合はある意味開き直って、「坊主にしてしまう方」も中にはいらっしゃるかもしれません。
この坊主にしてしまうという行動ですが、男性だからこそできることかもしれませんが、治療者側からすると坊主にするのは控えていただきたい行動になります。

特に治療を始める前に坊主にしてしまうと、元々の髪の毛の量がどの程度あったのかが分からないため、予後の判断が非常にしづらくなってしまいます。
脱毛症はある程度の期間は何をやっても抜けてしまうため、辛いかもしれませんがこの期間は堪えていただくしかありません。

どのぐらいの期間でどの程度抜けてしまったかで必要な治療期間をお伝えすることができるため、坊主にするのは控えていただくようお願い致します。

Share

関連記事

不眠症にも鍼灸

患者さんを問診していると意外と多いのが睡眠の質の低下。 不眠症とまではいかないけれど寝つきが悪い、夜中に目が覚めるという方は意外といらっしゃいます。 このように睡眠の質が低下した状態を東洋医学ではどのように考えていくのか[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

更年期障害の東洋医学での考え方とセルフケア

コンテンツ1 東洋医学の視点で考える更年期障害1.1 女性の年齢と身体の変化について2 腎虚と更年期障害の関係とは?2.1 なぜ腎虚になると様々な不定愁訴が出るのか?3 少しでも症状を改善するための更年期障害のセルフケア[…]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]