繊維筋痛症とは?

名古屋の鍼灸師・蓬祥鍼灸院の長谷川です。

繊維筋痛症という病名を聞いたことがあるでしょうか?
最近ですと、アメリカの人気アーティストであるレディー・ガガがこの病気になってしまったことをSNSを通して発表しています。

この病気は現代医学では原因が分かっておらず、治療方法も確立されてない難病になります。
最も悩まされる症状は「強い痛み」。個人差はあるもののこの強い痛みが全身であったり、局所的であったりします。また、痛み以外にも倦怠感やうつ症状、不眠などもあります。患者数は日本だけでも約200万人、国単位では人口比の約2%前後の有病率となっています。

男女比は1:4.8と女性に多いが欧米では男性の方が有病率が高く、現状では調査機関によってもばらつきが出ています。

同じように痛みを伴う疾患に関節リウマチがありますが、繊維筋痛症では痛み以外にも倦怠感が強く出るためADL(日常生活動作)、QOL(生活の質)ともに関節リウマチの患者よりも低下しています。
※ADL:入浴、トイレ、食事、移動など日常で行なう行動
QOL:人間らしい生活できるかどうか

繊維筋痛症は命に関わる病気ではないが、病気の辛さから自殺をしてしまう可能性があるため注意が必要であり、精神的な部分のサポートも必要となります。

繊維筋痛症の原因は不明だが、身体的・精神的ストレスと疾患、炎症・免役異常、遺伝的要因などあげられるが、精神的ストレスが多い方ほど罹患しやすいことが分かっている。ただし、ストレス過多の方全てが発症するわけではないため、やはり遺伝的素因などが隠れている可能性はあると思います。
また、原因不明の痛みの7~8割は精神的な部分が関与していると言われていますが、この繊維筋痛症は精神的な部分での痛みの増減は多少はあるものの、決して精神的なものが原因で起きる痛みとは違い、痛みをコントロールする神経伝達障害が関与しているとされています。

Share

関連記事

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]

東洋医学から診た夏バテ

毎日、毎日、毎日暑い日が続く今年の夏。体調はいかがでしょうか? 夏バテになってはいませんか? 夏バテの症状といえば食欲不振、体のだるさ、疲れやすさなどがありますが、一言で言うと『夏の体の不調』ということです。 西洋医学で[…]

[» 続きを見る]

一般的な鍼灸治療院と当院の違い

当院の鍼灸治療は一般的な鍼灸治療院とは大きな違いがあります。 【一般的な鍼灸治療院】 ・痛いところに鍼を刺す ・○○に効果のあるツボに鍼を刺す ・鍼の本数が比較的多め(10本以上刺すこともある) 【当院の場合】 ・基本的[…]

[» 続きを見る]

過敏性腸症候群(IBS)について

・通勤や通学時 ・大事な会議前 ・緊張する場面 ・大事な試合や試験前 このような時におなかが痛くなったり、下痢になったりする方は、もしかするとIBS(過敏性腸症候群)かもしれません。 IBS(過敏性腸症候群)とは 検査を[…]

[» 続きを見る]

不正出血の原因~東洋医学編~

月経以外の時期に起きる性器からの出血を不正出血といいますが、東洋医学では「崩漏(ほうろう)」と言います。 大量の出血が起きるものを「崩」、少量の出血がダラダラ続く場合は「漏」という。 注意しなければならないのが、子宮がん[…]

[» 続きを見る]