当院にもメニエール病でお悩みの方が多く来院されます。
メニエール病とは片側の耳鳴り・難聴を伴う回転性のめまいが反復して起きる病気で、めまいに伴い吐き気や嘔吐、冷や汗を伴うこともある病気になり、現代医学は「難病指定」されている病気になります。
聴力検査では低音域の難聴となることが多いが、適切な治療が受けられなかった場合には高度難聴となってしまうケースもあります。
メニエール病は鍼灸治療の適応になりますが、めまいが激しい急性期には自宅での安静をお勧めします。

【メニエール病の原因】
耳の奥にある平衡感覚をつかさどる「三半規管」の中に含まれる内リンパというリンパ液体が何らかの理由で増えてしまい水ぶくれ状態になることが原因とされています。この内リンパ水腫は内耳の循環障害が原因と言う説がもっとも有力とされていますが、実際にはなぜ内リンパ水腫が起きるのかは解明されていないため原因は不明。
その他の原因としては自己免疫疾患やストレスとされています。

【メニエール病の治療】
病院でのメニエール病の治療は投薬になります。
中でもリンパ水腫を改善するために利尿剤を使用したり、難聴が酷い場合にはステロイドが使用されるます。しかし、どちらも対処療法となってしまい、根本的な治療は難しいとされています。

【メニエール病に対する鍼灸治療】
メニエール病に対する鍼灸治療の効果はかなり高く、発症から時間がたっていても改善することは可能です。しかし、難聴に関してはやはり発症してから時間がたちすぎている場合やあまりにも酷い場合には完全に回復することは難しいことがあります。
しかし、メニエール病で最も辛いのがやはりめまいになりますが、めまいに関してはしっかりと治療を行えば治癒することも可能になります。

当院では東洋医学をベースに治療しているため、メニエール病であっても耳の周囲にあるツボに鍼を刺すことはほとんど行ないません。あくまでも東洋医学の面からメニエール病を引き起こしている体質を分析して根本から治療をしていきます。

メニエール病は難病に分類される病気ではありますが、東洋医学が得意疾患でもあります。病院で良くならない場合は鍼灸治療もご検討下さい。

 

喜びの声多数!!患者様の声はこちら

ご予約・お問い合わせ

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------