誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。

近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。
しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれているが、東洋医学の知識が不足している医師はたくさんいらっしゃいます。

漢方薬というと「副作用がない」というイメージをもたれる方もいらっしゃるかと思いますが、やはり体に入るものですから誤ったものを服用すれば体に異変は起きてきます。
現在起こしの方でも漢方薬を服用されている方がいらっしゃいますが、今月に入り処方が変わり服用を始めると生理予定日2週間前にもかかわらず大量の出血が起きてしまい、2週間以上経過した現在も微妙に出血が続いている状況です。

方剤を見せていただくと「破血作用」という効能がある生薬が使用されていました。
この効能は瘀血(おけつ)というドロドロした血液を排除する効能ですが、非常に強力な作用を持っています。※通常は活血化瘀
あきらかにこの作用が強すぎるために出血が続いていることが考えられます。

私は鍼灸師であるため、漢方薬を処方することはできませんが、東洋医学の知識は持っているため、漢方薬のご相談には乗っております。

・鍼灸と漢方薬を併用したい
・今飲んでいる漢方薬が合っているのか知りたい

このようなことでもご相談下さい。
ただし、体を診なければ判断しかねるため、あらかじめこの部分はご了承下さい。
お電話やメールでのご相談は致しかねます。

Share

関連記事

不正出血について

月経時以外に出血するものを不正出血といいますが、不正出血の原因は西洋医学的には非常に多くの原因があり、子宮体ガンや子宮頸ガンが隠れている場合もあるため注意が必要になってきます。 東洋医学ではこの不正出血の原因は脾不統血の[…]

[» 続きを見る]

大豆が更年期の方にお勧めの理由

コンテンツ1 大豆の力で更年期を乗り切ろう2 大豆の力とは?2.1 イソフラボンの効果2.2 大豆が含まれる食品3 このような方は大豆の取り過ぎにはご注意を!4 まとめ 大豆の力で更年期を乗り切ろう 更年期でお悩みの方は[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

冷え性 50代 女性

数年前より夏場でも手足の冷えを自覚するようになり、現在では首もとの冷えもある。 その他、肩こりや頭痛あり。 頭痛は冬場に寒い場所にいると痛みが出てくる。 また、お風呂で湯船に浸かっていても身体が温まる感じがせず、のぼせや[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。 まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。 しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になりま[…]

[» 続きを見る]