鍼灸院はどうやって選ぶ?

不妊症に限らず鍼灸院を探している方にとってはどこに行けばいいのか悩むことがあるかと思います。
一番は実際に知人や友人で鍼灸治療を受けている方がいれば直接どんな感じなのかを聞くことができますが、意外と周りにはいないことの方が多いのではないかと思います。

また、人にとって良いという治療院が必ずしも自分にとって良い鍼灸院とは限らないということもあります。
※腰痛で有名な鍼灸院で何回治療を受けてもまったく何も変わらなかった方が、当院ではツボを押しただけで痛みが取れてしまうということもあります。

そこでネットで調べたりするかと思いますが、今ではホームページを持っている鍼灸院はたくさんあるためさらに悩むことになるかもしれません。
僕の考え方ですが「自分がどんな治療を受けたいのか?」という部分と「自分の直感」です!

ここで覚えておいていただきたいのが、今の時代では「鍼灸」=「東洋医学」ではないということ。

鍼灸治療と言っても色々な治療法がありますが大まかに分けるとこのような感じになります。

現代医学的な治療

東洋医学的な治療

どちらが良い・悪いではありませんが、今ですとやはり現代医学的な治療を行っている鍼灸院の方が多いのは確かだと思います。
東洋医学に関しては鍼灸師の中でもかなり好き・嫌いが分かれますので、一般の方からすると???となるのは当然かと思います。
東洋医学はかなり独特な考え方ですからこれは仕方がないかな?っとは思いますが東洋医学的な治療はビックリ体験ができたりもします。

本当に反応のいい方ですとツボを押しただけで痛みが消えたり、鍼一本刺しただけで身体がスッキリするなど。

・病院で検査をしても異常が見つからない・・・

・薬にはあまり頼りたくない・・・

でも辛い症状がある。っということでしたら、思い切って現代医学とは身体の診方がまったく違う東洋医学の扉を叩いてみましょう。

あとは皆さんが

「ここなら良くなりそうだな。」

「なんとなく良さそうだな。」

そう感じたところに行き、1回で判断するのではなく、最低でも3回は受けてみましょう。

Share

関連記事

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]

病気は早期発見することが非常に大切です

先日、名古屋の某局の某アナウンサーの方が自分が乳癌であることを発表されました。 癌になってしまったことは非常に辛いことであることは間違いありませんが、この方の場合は「初期の乳癌を早期に発見」できているということなので、こ[…]

[» 続きを見る]

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]