一般的な鍼灸治療院と当院の違い

当院の鍼灸治療は一般的な鍼灸治療院とは大きな違いがあります。

【一般的な鍼灸治療院】
・痛いところに鍼を刺す
・○○に効果のあるツボに鍼を刺す
・鍼の本数が比較的多め(10本以上刺すこともある)

【当院の場合】
・基本的には痛いところに鍼を刺さない遠隔治療
・個人の体質ごとに治療を行う
・ツボの特性を生かして鍼を刺す
・少数鍼治療(1~3本ほど)

【肩こりや腰痛での比較】
・一般的な治療院
肩こりで肩が痛い、腰が痛い場合はそれぞれ肩や腰に鍼を打ち、場合によっては鍼に電気を流すこともあります。

・当院の場合
肩や腰が痛い場合でも気の流れが悪いのか?血の流れが悪いのか?をまずは考えます。そして、気の流れが悪い場合は気の流れを良くするツボである「合谷」「百会」「太衝」などのツボの反応を診て鍼を刺していきます。

【生理痛や不妊治療】
・一般的な治療院
婦人科疾患にはとりあえず「三陰交」や「血海」に鍼を刺す。または「関元」というへその下のツボにお灸をする。

・当院の場合
婦人科疾患だからといって三陰交は体質次第では使用しないということも多々あります。
三陰交の効能:補血作用(血を補う)、活血作用(血の流れを良くする)
血が不足している「血虚」や血の流れが悪い「瘀血」が原因でなければ三陰交は使用しない。

当院では初診時に問診だけでも長い場合は1時間近くかけて行い、その後に体表観察という脈を診たり、舌を診たり、お腹や背中のツボを診て、総合的にどこに問題があり、どのような体質でお困りの症状が出てきているのかを判断し、最も反応が出ており、最も効果的なツボに鍼を打っていきます。
当院と同じような鍼灸治療を行っているのは愛知県内でも10数件と非常に珍しい治療法になります。
「宮廷女官 チャングムの誓い」という韓国ドラマをご存知の方は、この番組の中で行なわれている鍼治療をイメージしていただければと思います。

初めての方はこちらをご覧下さい。

Share

関連記事

気の流れが悪い「気滞体質」

気は体の中を自由に滞りなく流れているのが正常な状態になりますが、ストレスや心配事により気の流れが悪くなった状態。 ストレスというと主に人間関係と思いがちですが、不快な音や匂い、またデスクワークによる同じ姿勢を長時間強いら[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

不妊症 32歳 女性

不妊症 32歳 女性 29歳で結婚したがなかなか子宝に恵まれないため、病院にて検査をすると卵巣の左側に卵管水腫が発見され、腹腔鏡にて左卵管切除。 その後は人工授精・体外受精(4回)と行うが妊娠できない。 当院には今年の3[…]

[» 続きを見る]

皮膚疾患の原因

アトピー性皮膚炎・湿疹などの皮膚科疾患で皮膚科ではステロイドを出されるだけであったり、なかなか良くならないために鍼灸治療を選択される方は意外と多いと感じる今日この頃。 そして、個人差はあるものの皮膚科疾患に鍼灸治療は良く[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の気になるペース

コンテンツ1 不妊治療に鍼灸を取り入れる場合、どのくらいのペースで通う必要があるの?1.1 原因不明の不妊の場合1.2 不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など1.3 40代の方2 まとめ 不[…]

[» 続きを見る]