お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。
お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方が違うなどということがでてきます。

このような経験はありませんか?

なぜこのようなことが起きるかというと、それはツボの状態が違うからです。
ツボの状態が違うとはどのようなことなのかというとおおまかに分類すると

・すぐに熱くなる→実(体※ツボに余分なものが溜まっている)
・熱さを感じない→虚(体※ツボが弱っている)
・左右差がある→最も悪いツボであり、最高の治療ポイント

上記のようになります。
お灸は鍼と比較するとあまり効果がなさそうな印象がありますが、しっかりと行なえば鍼と同じぐらいの効果が出ます。
特に左右差のあるツボにお灸を行い、左右の熱さが同じぐらいになってくると最高です。
これを「整えの灸」と言います。

お灸は手軽に始められ、お灸にも臭いや煙が少ないタイプ、アロマタイプ、火を使わないタイプなど色々なタイプがあるため、ご自身に合うものを使って実践してみてください。
ちなみに我々鍼灸師は米粒サイズにしたお灸をひたすら据えていきます。

Share

関連記事

【産後うつは病気です!】産後うつは甘えが原因でなるわけがない!

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先日の話ですが、とある女性政治家がトンでも発言をされましたが、皆さんはご存じでしょうか? 政治家であり、子を持つ母親であるにもかからわず、「産後うつは甘えです」という発言をし、非常に[…]

[» 続きを見る]

低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 37歳 女性 低音障害型難聴2 体表観察、弁証、治療について3 考察 37歳 女性 低音障害型難聴 今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こ[…]

[» 続きを見る]

身体は嘘をつかない

美容鍼でお越しの女性。 数年前に胃ガンが発見され、胃を全摘出。 お悩みはたるみ、手足の冷えがキツイ、寝つきが悪く、熟睡感がない。 井穴診という指先にあるツボで胃と関係のある厲兌(れいだ)に顕著な圧痛あり。 その他、背中の[…]

[» 続きを見る]

温めると痒みが増す湿疹

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 湿疹やアトピー性皮膚炎でお悩みの方の中にはイライラした時や入浴後、または運動後に痒みが増し、逆に冷やすと痒みが治るという方がいらっしゃいます。 […]

[» 続きを見る]

鍼灸院はどうやって選ぶ?

不妊症に限らず鍼灸院を探している方にとってはどこに行けばいいのか悩むことがあるかと思います。 一番は実際に知人や友人で鍼灸治療を受けている方がいれば直接どんな感じなのかを聞くことができますが、意外と周りにはいないことの方[…]

[» 続きを見る]