お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。
お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方が違うなどということがでてきます。

このような経験はありませんか?

なぜこのようなことが起きるかというと、それはツボの状態が違うからです。
ツボの状態が違うとはどのようなことなのかというとおおまかに分類すると

・すぐに熱くなる→実(体※ツボに余分なものが溜まっている)
・熱さを感じない→虚(体※ツボが弱っている)
・左右差がある→最も悪いツボであり、最高の治療ポイント

上記のようになります。
お灸は鍼と比較するとあまり効果がなさそうな印象がありますが、しっかりと行なえば鍼と同じぐらいの効果が出ます。
特に左右差のあるツボにお灸を行い、左右の熱さが同じぐらいになってくると最高です。
これを「整えの灸」と言います。

お灸は手軽に始められ、お灸にも臭いや煙が少ないタイプ、アロマタイプ、火を使わないタイプなど色々なタイプがあるため、ご自身に合うものを使って実践してみてください。
ちなみに我々鍼灸師は米粒サイズにしたお灸をひたすら据えていきます。

Share

関連記事

自然妊娠の確率を上げる方法

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 自然妊娠をするためには性行為をしなければいけませんが、性行為を行なうタイミングも大切ではありますが、その他にも大切なことがあります。 それは、男性側の精子の状態です。 ここからはあく[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

主婦手湿疹とストレスの関係

主婦手湿疹とは家事による水仕事が原因で皮膚のバリヤ機能がなくなってしまうことにより起こる湿疹のことで、意外にもこの手湿疹で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 ですが、同じ主婦の方で、同じ程度の水仕事をしているにもかかわ[…]

[» 続きを見る]

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

生理痛 47歳 女性

数年前から寝る時に考え事をするようになり、寝付きが悪くなる。 また、年齢的に更年期のような症状も出てきたため、当院に来院。 舌の状態を確認すると、舌の裏の血管が怒張(太くなっている)しており、お腹も全体的に張っているため[…]

[» 続きを見る]