筋トレでうつ病予防


年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。

まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。
しかし、もっと大切なのはうつ病にならないように「予防」することです。

うつ病はストレスが原因で発症してしまうため、ストレス発散することが大切です。また、生真面目な性格も関与しているため、少しは手を抜くことも大切です。

そして、うつ病の予防に効果がるとされているのが、「筋トレ」になります。
筋トレとうつ病予防がどのように関係しているかですが、筋トレをすることにより男性ホルモンである「テストステロン」が分泌されますが、このホルモンが関係してきます。


うつ病は脳内物質である「セロトニン」、「ノルアドレナリン」が不足することで発症しますが、筋トレをすることで分泌されるテストステロンがノルアドレナリンの分泌を促すためです。

実際にうつ病の方と健康な方のテストステロンの数値を調べると、うつ病の方の方がテストステロンの数値が低く、また、健康な人でもテストステロンの数値が低い人の方がうつ病になりやすいというデータもあるそうです。
そのため、テストステロンの数値が低いとうつ病になるリスクが高くなるということです。

このお話はあくまでもうつ病の予防のお話です。
中にはうつ病の方にも積極的に筋トレを進める方もいるようですが、基本的にうつ病の方には筋トレはおろか、運動自体が難しい状況です。
重症度にもよりますが、体のダルさがあるなかで運動することは無理な話です。筋トレをするにしてもある程度回復してから行なうようにしましょう。

Share

関連記事

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

基礎体温が高温期に1日だけ下がる現象【インプランテーションディップかも】

基礎体温表をつけていて、排卵日付近で1度体温が下がり高温期に入った! その後も高温期の体温はしっかりと維持していた。っと思ったら1日だけ体温が下がってしまった・・・という経験はないでしょうか? これでは妊娠は難しいだろう[…]

[» 続きを見る]

冷や汗が出るほどの激しい痛みの生理痛の正体

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 生理痛は多くの女性が持っている症状の1つですが、その痛みは人それぞれになります。痛みの感じ方も人によって変わってくるために自分の生理痛が酷いかどうかはなかなか判断し[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎の方へのお勧め保湿剤

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、体質改善請負人こと長谷川です。 今日はアトピー性皮膚炎の方にお勧めする保湿剤をご紹介致します。 アトピーでお悩みの方の多くはステロイドや軟膏(ワセリン)などを使用されている方が多いと思います[…]

[» 続きを見る]