筋トレでうつ病予防


年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。

まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。
しかし、もっと大切なのはうつ病にならないように「予防」することです。

うつ病はストレスが原因で発症してしまうため、ストレス発散することが大切です。また、生真面目な性格も関与しているため、少しは手を抜くことも大切です。

そして、うつ病の予防に効果がるとされているのが、「筋トレ」になります。
筋トレとうつ病予防がどのように関係しているかですが、筋トレをすることにより男性ホルモンである「テストステロン」が分泌されますが、このホルモンが関係してきます。


うつ病は脳内物質である「セロトニン」、「ノルアドレナリン」が不足することで発症しますが、筋トレをすることで分泌されるテストステロンがノルアドレナリンの分泌を促すためです。

実際にうつ病の方と健康な方のテストステロンの数値を調べると、うつ病の方の方がテストステロンの数値が低く、また、健康な人でもテストステロンの数値が低い人の方がうつ病になりやすいというデータもあるそうです。
そのため、テストステロンの数値が低いとうつ病になるリスクが高くなるということです。

このお話はあくまでもうつ病の予防のお話です。
中にはうつ病の方にも積極的に筋トレを進める方もいるようですが、基本的にうつ病の方には筋トレはおろか、運動自体が難しい状況です。
重症度にもよりますが、体のダルさがあるなかで運動することは無理な話です。筋トレをするにしてもある程度回復してから行なうようにしましょう。

Share

関連記事

デスクワークによる肩こりや腰痛

現代病ともいえる日本人のデスクワークによる肩こりや腰痛。 人間というのは同一姿勢でいることは意外とストレスになることはあまり知られていません。立っている時で考えていただくと分かりやすいのですが、必ずどちらかの足に体重をか[…]

[» 続きを見る]

花粉患者さん増加中

今年も1/4が終わろうとしています・・・ こういう言い方をすると時間の流れがとても早く感じますが、明日から新年度の始まりです! 環境がガラッと変わる方もいらっしゃるかと思いますが、体調にはお気をつけ下さい。 さて、22日[…]

[» 続きを見る]

花粉症 29歳 男性

毎年春に花粉症の症状に悩まされており、薬は眠くなるためあまり飲みたくないということで鍼治療を希望して来院。 現在は税理士を目指して勉強中。 花粉症の症状として一番きついのは目の痒み 舌:舌尖紅・舌苔薄黄 弁証:肝火上炎 […]

[» 続きを見る]

身体に熱がこもった「実熱体質」

このタイプは主に気滞体質の方がなりやすい体質になります。 気滞というのは気の流れが悪い状態になりますが、ちょっとイメージしてみましょう。 人口密度が高く、人の流れが悪い場所では室内温度は高くなりますよね? このような状況[…]

[» 続きを見る]

月経に関して

東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。 CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。 […]

[» 続きを見る]