筋トレでうつ病予防


年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。

まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。
しかし、もっと大切なのはうつ病にならないように「予防」することです。

うつ病はストレスが原因で発症してしまうため、ストレス発散することが大切です。また、生真面目な性格も関与しているため、少しは手を抜くことも大切です。

そして、うつ病の予防に効果がるとされているのが、「筋トレ」になります。
筋トレとうつ病予防がどのように関係しているかですが、筋トレをすることにより男性ホルモンである「テストステロン」が分泌されますが、このホルモンが関係してきます。


うつ病は脳内物質である「セロトニン」、「ノルアドレナリン」が不足することで発症しますが、筋トレをすることで分泌されるテストステロンがノルアドレナリンの分泌を促すためです。

実際にうつ病の方と健康な方のテストステロンの数値を調べると、うつ病の方の方がテストステロンの数値が低く、また、健康な人でもテストステロンの数値が低い人の方がうつ病になりやすいというデータもあるそうです。
そのため、テストステロンの数値が低いとうつ病になるリスクが高くなるということです。

このお話はあくまでもうつ病の予防のお話です。
中にはうつ病の方にも積極的に筋トレを進める方もいるようですが、基本的にうつ病の方には筋トレはおろか、運動自体が難しい状況です。
重症度にもよりますが、体のダルさがあるなかで運動することは無理な話です。筋トレをするにしてもある程度回復してから行なうようにしましょう。

Share

関連記事

不妊とアトピーの異病同治

30代女性 3年前に結婚し、数ヵ月後に自然妊娠するも8wで流産。 その後は1度も陽性反応が出ず、昨年から婦人科を受診し血液検査をするも特に問題は見つからないため、クロミッドとタイミング方による治療が開始。 アトピーは高校[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療と薬の服用

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。 回答としては・・・ 「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。 これは薬に関しては鍼灸[…]

[» 続きを見る]

PMDDに対する鍼灸治療の症例

20代女性のPMDDに対する鍼灸治療の症例です。 PMSの症状がある女性の約5%の方に見られるPMDDですが、鍼灸治療でも改善が可能になりますが、生活習慣の改善も非常に大切です。鍼灸治療だけではなく、日常生活では運動を取[…]

[» 続きを見る]

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症のNG行動

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 最近、円形脱毛症でお悩みの方が来院されたり、お問い合わせがあったりしますが、円形脱毛症になってしまった方に注意していただきたいことがあります。特に男性です。 脱毛症になって[…]

[» 続きを見る]