子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない

こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。
子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少なくなり、筋腫が小さくなるといわれています。
つまり、生理がある女性であれば誰でも子宮筋腫が発生してしまう危険性があることになります。

現代の女性に子宮筋腫になってしまう方が多い原因のひとつに、出産回数が少ないことも上げられています。妊娠していない状態では2つの女性ホルモンのうち、エストロゲンが優位になってしまいますが、妊娠している際にはプロゲステロンというホルモンが優位になるため、エストロゲンの影響を受けにくくなります。
そのため、エストロゲンの影響を受けないようにするために病院ではピルにより生理を止めてしまうという治療が行なわれることがあります。

当院にも子宮筋腫でお悩みの方がいらっしゃいますが、中にはすでに閉経しているにもかかわらず、子宮筋腫が残っている、というよりも大きさに変化が現れない方がいらっしゃいます。
この事から分るように、子宮筋腫はエストロゲンの影響だけの問題だけではないということになります。

子宮筋腫とエストロゲンの関係は確かにあることでしょう。しかし、本当にこれだけの問題であれば閉経すれば必ず筋腫は小さくならなければいけません。
なぜ小さくならないのかを考えると、そこにはやはり「免疫力」関係しているのではないかと思います。
子宮筋腫というのはいわば「腫瘍」です。この腫瘍は体の中で毎日作られていますが、体の中をパトロールしているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが弱まっていることが考えられます。この免疫細胞が弱まっていることで通常であれば排除できるはずが排除できなくなってしまいます。
簡単に言うと、「疲れていると家事が手抜きになる」ようなことが、細胞レベルでも起きている可能性が高くなります。

現代人は高齢でなくてもストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、過労などが原因で免疫力が低下しているといわれています。しっかりと免疫力を高めるようにしましょう。

Share

関連記事

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]

基礎体温をつけて判明する高温期が短い理由とは?

妊娠希望の方は基礎体温表を付けるかと思いますが、生理周期に関しては生理があった日から次の生理までの日数を数えれば分かることですが、基礎体温を付けなければ分からないこともあります。 基礎体温を付けてみると ・周期は問題ない[…]

[» 続きを見る]

花粉症の方にお勧めの空気清浄機

コンテンツ1 花粉症の方には必須アイテムである空気清浄機2 正しい空気清浄機の選び方3 花粉症にはどのメーカがお勧めか?3.1 ダイキン3.2 シャープ3.3 パナソニック4 花粉は重く、下部に溜まりやすい5 当院が購入[…]

[» 続きを見る]

10代からの手湿疹

昨年より皮膚疾患を多く診る機会がありますが、今回も中々の改善具合なのでご紹介します。 治療前がこちら。 ちょっと見辛いですが、水泡ができており、黄色くなっております。 治療してから7時間ほど経ち、患者さんから写真が送られ[…]

[» 続きを見る]

花粉患者さん増加中

今年も1/4が終わろうとしています・・・ こういう言い方をすると時間の流れがとても早く感じますが、明日から新年度の始まりです! 環境がガラッと変わる方もいらっしゃるかと思いますが、体調にはお気をつけ下さい。 さて、22日[…]

[» 続きを見る]