ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察

現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも様々な治療法方があり、当院では中医学という昔ながらの伝統的な治療法を行なっているため、中医学的な説明をさせて頂きます。

中医学的にジストニアの方を診ていくと大まかに2つのタイプに分けられます。※実際に患者さんを診た個人的な意見となります。

①肝鬱気滞タイプ

②腎虚(肝腎陰虚)タイプ

ジストニアとは筋緊張を調節している大脳基底核の働きに問題が起きることで、自分の意思とは無関係に筋肉が収縮してしまう病態となりますが、現代医学ではなぜこのようなことが起きてしまうかは不明となっています。

しかし、ジストニアの方の今までの家庭環境や仕事に関するお話を聞いていると、共通しているのはストレスをかなり受けてきています。このストレスフルな状況が脳へ悪影響を及ぼし、大脳基底核からの電気信号がうまく伝わらなくなっていることが考えられます。

 

【タイプ①肝鬱気滞によるジストニア】

ストレスにより「気の流れ」が悪くなり、体が常に緊張状態になってしまっている状態になります。ジストニアの場合はストレスにより自律神経系が乱れることにより、大脳基底核からの電気信号が上手く伝わらなくなっていると考えられます。

 

【タイプ②肝腎陰虚によるジストニア】

「ストレス+年齢的な脳の衰え」のような感じとなります。東洋医学では脳は腎との関係が深く、加齢により腎が弱ることで脳の機能が低下し、さらにストレスの影響で大脳基底核からの電気信号がうまく伝わらなっているのでは?と考えます。

ジストニアは命に関わる病気ではないにしろ、やはり日常生活には影響が出てきます。
さきほど申したように、ジストニアの方はストレスを溜め込んでいる方が多いため、まずは自分にあったストレス発散を行なうようにしましょう。ただし、激しい運動や無理なストレッチは筋肉を傷める可能性があるため行なわないようにしましょう。

Share

関連記事

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

何の治療が得意ですか?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ここ数年で増えてきているのが「○○治療専門」という鍼灸院。 比較的多いのが、不妊専門になり、次いでめまいや耳鳴り専門と出ている鍼灸院になりますが、やはり圧倒的に不妊専門を打ち出してい[…]

[» 続きを見る]

子供は欲しいと言う夫が婦人科で精液検査を受けない理由

コンテンツ1 夫が婦人科で精液検査を受けない理由1.1 自分の精子は問題ないと思っている1.2 不妊=妻(女性)側の問題だと考えている1.3 男が婦人科を受診するのが恥ずかしい1.4 自分に問題があったらどうしようと考え[…]

[» 続きを見る]

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]