ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察

現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも様々な治療法方があり、当院では中医学という昔ながらの伝統的な治療法を行なっているため、中医学的な説明をさせて頂きます。

中医学的にジストニアの方を診ていくと大まかに2つのタイプに分けられます。※実際に患者さんを診た個人的な意見となります。

①肝鬱気滞タイプ

②腎虚(肝腎陰虚)タイプ

ジストニアとは筋緊張を調節している大脳基底核の働きに問題が起きることで、自分の意思とは無関係に筋肉が収縮してしまう病態となりますが、現代医学ではなぜこのようなことが起きてしまうかは不明となっています。

しかし、ジストニアの方の今までの家庭環境や仕事に関するお話を聞いていると、共通しているのはストレスをかなり受けてきています。このストレスフルな状況が脳へ悪影響を及ぼし、大脳基底核からの電気信号がうまく伝わらなくなっていることが考えられます。

 

【タイプ①肝鬱気滞によるジストニア】

ストレスにより「気の流れ」が悪くなり、体が常に緊張状態になってしまっている状態になります。ジストニアの場合はストレスにより自律神経系が乱れることにより、大脳基底核からの電気信号が上手く伝わらなくなっていると考えられます。

 

【タイプ②肝腎陰虚によるジストニア】

「ストレス+年齢的な脳の衰え」のような感じとなります。東洋医学では脳は腎との関係が深く、加齢により腎が弱ることで脳の機能が低下し、さらにストレスの影響で大脳基底核からの電気信号がうまく伝わらなっているのでは?と考えます。

ジストニアは命に関わる病気ではないにしろ、やはり日常生活には影響が出てきます。
さきほど申したように、ジストニアの方はストレスを溜め込んでいる方が多いため、まずは自分にあったストレス発散を行なうようにしましょう。ただし、激しい運動や無理なストレッチは筋肉を傷める可能性があるため行なわないようにしましょう。

Share

関連記事

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]

【追記あり】ご予約の際の注意点

当院のご予約方法は電話とメールがありますが、いくつか注意点があります。 【電話の際の注意点】 ・施術者1人のため、電話に出られないことがあるため、その際は少し時間をおいてから再度お掛け直しください。 ・電話は診療時間内の[…]

[» 続きを見る]

治療にあせりは禁物

今抱えている体の不調がなかなか改善されないと不安になり、あれこれと治療を試している方は多く見られます。 まずは病院での治療を受け、だめなら漢方や鍼灸という選択を取られる方が多いのですが、中には治療院を転々として見える方も[…]

[» 続きを見る]

顎関節症の症例

40代女性 1週間ほど前に食事をしている際に左側の顎に痛みが起きる。 歯科医に行くと顎関節症と診断される。 顎関節症は20代の頃にも発症したことがあり、当時は名古屋へ引っ越してきたことによるストレスから発症。当時は歯ぎし[…]

[» 続きを見る]

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]