【まずは3ヶ月】薄毛でお悩みなら鍼灸で体質改善してみませんか?

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

最近、年のせいか薄毛が気になっていたり、まだ薄毛に悩むような年齢でもないのに薄毛に困っていませんか?

薄毛治療は専門クリニックで薬を使用して治療を行うのが一般的ではありますが、薄毛でお悩みの方の中にはできるだけ薬に頼りたくないため鍼灸治療で改善できないかとお考えの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は薄毛に対する鍼灸治療の治療期間や施術方法、ヘアサイクルと薄毛の関係、東洋医学での薄毛の原因について解説していくとともに、薄毛に対する鍼灸治療の症例もご紹介いたします。

【まずは3ヶ月】薄毛でお悩みなら鍼灸で体質改善してみませんか?

頭頂部の薄毛

薄毛治療に対する鍼灸治療の治療期間や施術方法についてみていきましょう。

 

鍼灸で薄毛を改善するために必要な治療期間

鍼灸治療で薄毛を改善するために必要な治療期間は週1回の治療ペースで3~6か月ほど必要となってきます。

なぜ、このくらいの治療期間が必要かというと、後ほどご説明するヘアサイクルが関係してきます。

また、この治療期間は薄毛の状態、体の状態、どのくらいまで改善したいか?などによっても変わってきます。

特に現在、抜け毛が治まっている方と抜け毛が気になっている方ではやはり治療期間が変わってきます。

抜け毛が進行中の場合は鍼灸治療を始めてもすぐに抜け毛が治まるわけではないため、治療期間は長くなってしまうため、我慢が必要となります。

経験上では鍼灸治療を始めても抜け毛が治まるまでに2~3ヶ月かかる方もいらっしゃいます。

そのため、薄毛を鍼灸治療で改善したいとお考えの方はまずは3ヶ月頑張ってみましょう。

 

鍼灸治療で薄毛が改善する理由

鍼灸治療でなぜ薄毛が改善するのか?この明確なエビデンスは今のところ存在しておりません。

しかし、薄毛だけではなく、病院で治療をしても改善しない円形脱毛症に対しても鍼灸治療は効果を発揮しております。

鍼灸治療がこのような髪の毛のトラブルに効果を発揮する理由はいくつかあると考えられます。

  • 頭皮の血行促進
  • ストレスの緩和により自律神経が整う
  • 睡眠の質の改善
  • ホルモンバランスが整う
  • 体質改善により体が健康になる

鍼灸治療を取り入れることによりこのような変化があるため、薄毛や円形脱毛症といった髪の毛のトラブルが改善すると考えられます。

※ただし、毛根が死んでいる場合は改善することはできません。

 

当院での薄毛に対する鍼灸治療の施術方法

当院での薄毛に対する鍼灸治療は薄毛の原因となっている東洋医学的な体質を見極めて体質改善のための鍼灸治療を行っていきます。

薄毛の原因も人それぞれであり、ストレスが原因の場合もあれば加齢、食生活、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

このように一人ひとりの薄毛の原因となっている体質改善のための治療を行うことができるのが東洋医学の強みでもあります。

さらに、薄毛の部分に対しても鍼を刺すことで頭皮の血行を促進させていきます。

また、通常の鍼以外にも頭皮専用の鍼である「梅花鍼」という鍼も使用して患部の血行促進を行っていきます。

 

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクル

髪の毛にはヘアサイクルというものが存在しますが、このヘアサイクルが乱れることにより薄毛となってしまいます。

 

ヘアサイクルと薄毛の関係性

ヘアサイクルは以下の3つの周期が存在します。

  • 成長期:新しく生えて、切っても延びてくる時期で2~6年
  • 退行期:成長が止まる時期で約2週間
  • 休止期:成長が完全に止まり、髪の毛が抜け落ちる時期で数ヶ月

髪の毛はこの3つの周期を繰り返しています。

成長期の数年間は切っても伸び続けますが、次第に退行期に入り髪の成長が止まり、やがて休止期に入り数ヶ月の間に抜け落ちます。

そして、ふたたび成長期に入り、抜けた毛穴から新たに髪の毛が生えてきます。

このサイクルが髪の毛1本1本違うタイミングで起きていることになります。

誰でもシャンプーや髪の毛をセットしている時などに抜けることになりますが、これはごく自然なことであり、平均100本ほどの髪の毛が抜けていると言われます。

しかし、薄毛の方はこのヘアサイクルに乱れが生じていることになります。

  • 成長期が短いために1本の髪の毛が長く太く成長できない
  • 休止期が長くなっているため髪の毛が生えてこない

このどちらかになります。

そのため、薄毛を改善するためにはこの休止期からの脱却と髪の毛の成長を促す必要があります。

参考サイト:ヘアサイクルと脱毛のメカニズム

 

ヘアサイクルが乱れる原因

それではヘアサイクルはどのようなことが原因で乱れるのでしょうか?

ヘアサイクルが乱れる原因は以下のようなことが関係してきます。

  • 加齢
  • ストレス
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 血行不良
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足

加齢の部分に関してはある程度は仕方ない部分ではありますが、その他については生活習慣の問題です。

そのため、薄毛を改善するためには治療も大切ですが、生活習慣を改善することも非常に重要となります。

 

【薄毛の原因】東洋医学での考え方

五臓の相生・相克関係

次に東洋医学での薄毛の考え方や原因についてみていきます。

 

腎虚による薄毛

腎虚体質による薄毛。

腎虚というのは加齢による体の衰えた状態ということになります。

また、髪の毛と腎には非常に深いかかわりがあります。

東洋医学での腎という臓器は体の成長と発育にも関係しており、生まれたての赤ちゃんは髪の毛が薄いですが、成長と共に髪の毛が増えていき、年を取っていくと髪の毛が薄くなってきます。

これは腎が体の成長と発育と関係しているということになります。

そのため、ある程度の年齢になることで薄毛になってきている原因は腎の弱りが関係してくることになります。

腎が弱ることで抜け毛が増えて薄毛になる以外にも足腰が弱くなったり、疲れやすくなる、夜間尿、冷えまたは火照りなどの症状が出てきます。

また、若くても腎虚になる可能性は十分にあります。

 

血虚による薄毛

血虚というのは血液が不足している状態になります。

髪の毛と血は東洋医学では関係が深くなっており、「髪は血のあまり」と言います。

これは全身の血液量がしっかり確保できていれば髪の毛にも十分な栄養が行くため、しっかりとした腰のある髪の毛を作ることができます。

しかし、全身の血が不足していると髪の毛に十分な血を送ることができないため薄毛となってしまいます。

こちらも加齢が原因になることがありますが、血を作る胃腸の機能低下、睡眠不足、出産などが原因で起きてきます。

男女では生理や出産、授乳の関係上、女性の方が血虚にはなりやすい傾向があります。

また、女性が出産後に薄毛になってしまった場合は血虚が関係している可能性が高くなります。

 

熱による薄毛

体の中にこもった熱によっても薄毛となる可能性があります。

しっかりと髪の毛が生えるためには頭皮や髪の毛に十分な潤いが必要となります。

しかし、体に熱がこもってしまうとこの熱により頭皮や髪の毛の水分が奪われてしまうことになります。

日照り続きで乾燥した土地に生えている草木が簡単に抜けてしまうのと同じように髪の毛も抜けやすくなってしまいます。

では原因はというと主にストレスとなります。

この熱体質による薄毛の方でよく見られるのが、頭皮のかゆみや熱感、痛みです。

このような症状が抜け毛と共にある場合はストレスにより体に熱がこもっているため、ストレス発散することを心がけましょう。

 

薄毛に対する鍼灸治療の症例

当院での薄毛に対する鍼灸治療の症例をご紹介いたします。

円形脱毛症の症例はこちらになります。

 

【50代女性】 頭頂部の薄毛

薄毛治療

2年ほど前から頭頂部の薄毛が気になり始める。

皮膚科や専門クリニックは受診しておらず、年齢的なこともあるため婦人科にて相談をしているが、特にこれといった治療は受けていない。

【既往歴】
8年前に慢性骨髄性白血病※現在も薬を服用しているが、薬の副作用ではないことは確認済み。

【自覚症状】
抜け毛、疲れ目、髪のパサツキ、アレルギー性鼻炎、足のむくみ、足とお腹の冷え、トイレが近い、尿の出が悪い、夜間尿、白髪が増えた。

【弁証】:腎陽虚による薄毛

治療は加齢に加えて過去の大病の影響で腎の弱りが顕著にあるため、腎陽虚体質を改善しつつ、頭部への刺鍼、梅花鍼を行う。

なお、治療は週1回のペースで行っていく。

鍼灸治療開始3ヶ月で頭頂部から分け目の薄毛が目立たなくなってくるとともに白髪も減る。

 

まとめ

薄毛治療は薬での治療が一般的ですがコストがかかってしまったり、副作用が心配なこともあるため、鍼灸治療を希望される方も増えている印象があります。

鍼灸での治療期間としてはヘアサイクルと薄毛の原因となっている体質改善のため、3~6か月は必要ではありますが、人によってはもう少し必要になることもあります。

また、治療も大切ではありますが、やはり生活習慣の改善も大切となりますので、鍼灸治療と合わせてしっかりと見直すようにしましょう。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

【鍼灸師が教える】花粉症対策にはパナソニックの空気清浄機がおすすめ

花粉症対策として空気清浄機を買いたい、または買い換えたいけどおすすめの製品がどれだか分からなかったり、おすすめがあれば知りたいと考えていませんか? 鍼灸師である私が実際に治療院で使っている空気清浄機はパナソニックになりま[…]

[» 続きを見る]