子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?

不妊症の原因は様々ありますが、子宮内膜の厚さも不妊症との関連があります。
子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄いと着床が上手くいかないために不妊症の原因となってきます。いわゆる着床障害による不妊症ということになります。

寝る時のことを考えてみてください。敷布団1枚よりもその下にマットを敷いた方が寝心地はいいと思います。そのため、受精卵が着床するためにも適度な厚みが必要となってきます。

子宮内膜が厚くならない原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

子宮内膜が薄くなる原因は第一にホルモンバランスの乱れ。
排卵日以降に内膜の厚さが8mm以上必要になってきますが、排卵前に子宮内膜を厚くするのが「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内膜の厚さと関係してきます。
この2つのホルモンがしっかりと分泌されないと子宮内膜がうまく増殖しなくなります。
また、排卵誘発剤である「クロミッド」の副作用として子宮内膜が薄くなってしまうこともあります。

冷えによる血行障害

ホルモンバランスの乱れ以外には骨盤内の血流不足や冷えも原因となりえます。
ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

子宮内膜を厚くするためのセルフケア

・自宅でのお灸
・バランスの良い食生活
・ストレスを溜めない
・体(特に下半身)を温める
・運動

子宮内膜を厚くするためにはまずはホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには、バランスの取れた食事は必須ではありますが、女性ホルモンは脂質を元に作られるため、良質な脂質も取る必要があります。青魚やオリーブオイル、ごま油などがお勧めです。
また、ホルモンは自律神経系により調節されるため、ストレスを溜め込むのも良くありません。しっかりとストレス対策も行ないましょう。
自宅でお灸をする場合は「三陰交」や「関元」というツボがお勧めになります。

関元:へその下から指4本下
三陰交はこちらを参照

Share

関連記事

自然妊娠の確率を上げる方法

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 自然妊娠をするためには性行為をしなければいけませんが、性行為を行なうタイミングも大切ではありますが、その他にも大切なことがあります。 それは、男性側の精子の状態です。 ここからはあく[…]

[» 続きを見る]

動眼神経麻痺の治療経過報告

昨年の12月からお越しの40代女性。 数年前に交通事故に遭い、動眼神経麻痺を発症。 ※動眼神経とは光を取り込む瞳孔を収縮させたり目を開く(まぶたを上げる)ための筋肉を動かす神経。 そのため、軽度の眼瞼下垂、瞳孔は開きっぱ[…]

[» 続きを見る]

花粉症の食養生

花粉症の方が行う食養生としては整腸を目的にヨーグルトを食べる方が多いかと思います。 もうあんまりいないですかね? ヨーグルトを食べることによって花粉症が楽になった!という方もいれば、「まったく効果なし!」という方もいらっ[…]

[» 続きを見る]

生理不順 35歳 女性

美容鍼を希望して来院されるが、生理周期が安定していないため、生理不順も改善したいとのこと。 現在は28~40日で来朝している。 生理痛あり(初日に鈍痛がある程度)、たまに薬を服用 血塊あり 舌:淡白舌・舌下静脈の怒張あり[…]

[» 続きを見る]

スマホ肘

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 皆さんは、携帯電話はガラケーですか?それともスマホですか? おそらく、大半の方がスマホを使用していることと思います。 スマホは非常に便利で小さなパソコンと言える物ですが、1[…]

[» 続きを見る]