子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?

不妊症の原因は様々ありますが、子宮内膜の厚さも不妊症との関連があります。
子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄いと着床が上手くいかないために不妊症の原因となってきます。いわゆる着床障害による不妊症ということになります。

寝る時のことを考えてみてください。敷布団1枚よりもその下にマットを敷いた方が寝心地はいいと思います。そのため、受精卵が着床するためにも適度な厚みが必要となってきます。

子宮内膜が厚くならない原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

子宮内膜が薄くなる原因は第一にホルモンバランスの乱れ。
排卵日以降に内膜の厚さが8mm以上必要になってきますが、排卵前に子宮内膜を厚くするのが「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内膜の厚さと関係してきます。
この2つのホルモンがしっかりと分泌されないと子宮内膜がうまく増殖しなくなります。
また、排卵誘発剤である「クロミッド」の副作用として子宮内膜が薄くなってしまうこともあります。

冷えによる血行障害

ホルモンバランスの乱れ以外には骨盤内の血流不足や冷えも原因となりえます。
ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

子宮内膜を厚くするためのセルフケア

・自宅でのお灸
・バランスの良い食生活
・ストレスを溜めない
・体(特に下半身)を温める
・運動

子宮内膜を厚くするためにはまずはホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには、バランスの取れた食事は必須ではありますが、女性ホルモンは脂質を元に作られるため、良質な脂質も取る必要があります。青魚やオリーブオイル、ごま油などがお勧めです。
また、ホルモンは自律神経系により調節されるため、ストレスを溜め込むのも良くありません。しっかりとストレス対策も行ないましょう。
自宅でお灸をする場合は「三陰交」や「関元」というツボがお勧めになります。

関元:へその下から指4本下
三陰交はこちらを参照

Share

関連記事

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]

体育の日

本日は体育の日。 「体育の日(10月10日)は必ず晴れる」というデータから1964年の東京オリンピックはこの日に決まったそうです。 このジンクスは今でも変わらないようです。 今日の新聞に運動週間に関する記事がありました。[…]

[» 続きを見る]

筋トレでアンチエイジング

人は誰でも実年齢よりも若く見られたいものです。女性であればなおさらそう思われると思います。 アンチエイジングの方法も多種多様であり、食べ物に気をつける、化粧品、エステなどがありますが、10年ほど前からは美容鍼が注目されて[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体作り~体重・体脂肪編~

コンテンツ1 妊娠しやすい体と体脂肪の関係2 妊娠するための理想の体脂肪は?3 まとめ 妊娠しやすい体と体脂肪の関係 「余計なお世話だ!」っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、体重管理というのは妊娠しやすい体を作っ[…]

[» 続きを見る]

中京テレビ番組まつり

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 日曜日に栄にて中京テレビ祭りが行なわれていたので、雨でしたが突撃してきました。 一番の目的はというと「大徳さん」という番組の公開生放送で「チュートリアルの徳井さんが2週連続でやってし[…]

[» 続きを見る]