【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

なかなか妊娠できないから婦人科を受診すると子宮内膜が薄いことを指摘され、どうやったら改善できるか知りたい方へ。

受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜が十分な厚さみがなければ不妊の原因となってしまいます。

本記事では子宮内膜は鍼灸治療で厚くすることができるということ、セルフケア、原因、子宮内膜が薄いとなぜ妊娠しづらい理由などについて解説しております。

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

子宮内膜が薄いと不妊の原因となってしまいますが、このお悩みは鍼灸治療でも改善することが可能となります。

当院でもこれまでに改善した症例を持っておりますので、この経験から以下3点に絞ってお話をしていきます。

  • ポイントは血流改善
  • 改善するためには一定期間の治療は必要
  • セルフケアも重要です

 

鍼灸治療で血流を改善することで子宮内膜が厚くなる

鍼灸治療を行うと血流が改善されるというのは有名な話ではあります。

そのため、子宮内膜が薄い方に対しても骨盤内の血流を改善するための鍼灸治療を行うことで内膜の厚さが改善してきます。

また、骨盤内の血流を改善するためにはきわどい部分やお尻などに鍼を刺す必要があるのかと言えばそんなことはありません。

治療院によってはこういった部分に鍼を刺す治療法を行っていることは事実としてありますが、当院では基本的に手足、頭部、背中にあるツボを使って治療を行ってきます。

 

治療ペースや子宮内膜の厚さが改善するまでの期間

  • 治療ペース:基本的には週1回
  • 改善までの期間:1~3か月

当院での治療ペースや改善までの期間は上記のようになっております。

内膜は生理周期により厚さが変化しますが、生理から排卵日にかけて厚さを増していくため、特にこの期間の治療が重要になってきます。

そのため、場合によってはこの期間に週2回の治療を行うこともありますが、ケースバイケースとなります。

【当院での不妊治療の症例についてはこちら】

 

鍼灸治療と共に行うべきセルフケア

お灸をする女性

子宮内膜の厚さを改善するためには鍼灸治療で改善することは可能ですが、やはり+αで自身でのセルフケアも重要となります。

【行うべきセルフケア】

  • 運動
  • お灸
  • 規則正しい生活習慣
  • バランスの良い食事

どれも基本的なことですが、現代人では意外とできていなかったり、やらないといけないと分かっていても、何かしらの理由を付けてやらない方が多いのではないでしょうか?

少しでも早く改善させるためにも、鍼灸治療の効果を維持させるためにもセルフケアは重要になります。

【子宮内膜を厚くするためのおすすめのツボ】

  • 三陰交:内くるぶしから指4本分
  • 太ケイ:アキレス腱と内くるぶしの中間
  • 関元:へその下から指4本分

 

子宮内膜が薄い原因は2つあり!

子宮内膜が薄い状態になってしまう原因は主に2つあります。

  • ホルモンの問題
  • 子宮内部の血流の問題

 

ホルモンバランスの乱れ

子宮内膜が薄い原因は第一にホルモンバランスの乱れが考えられます。

子宮内膜を厚くするために必要なホルモンは「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内膜の厚さと関係してきます。

この2つのホルモンのうちエストロゲンが子宮内膜を厚くさせるためには重要なホルモンとなりますが、内膜が薄いということはこのホルモンの量が不足しているということになります。

また、排卵誘発剤であるクロミッドを服用することで、副作用として内膜が薄くなってしまうことがあります。

 

子宮内部の血流不足

ホルモンバランスの乱れ以外には子宮内部(骨盤内)の血流不足が原因となりえます。

ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

しかし、ストレスによる自律神経の乱れや冷えなどにより血流が悪くなることで子宮内の血流が悪くなることで、十分な血液が子宮に送られなくなってしまいます。

 

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい理由

妊娠検査

そもそも子宮内膜が薄いとなぜ妊娠しづらいかをご存じでしょうか?

その理由についてご説明していきます。

 

子宮内膜が薄いと受精卵の居心地が悪い

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい理由は受精卵の居心地が悪く着床しづらいためです。

子宮内膜というのは受精卵にとってベッドだと思ってください。

多少の好みの問題はありますが、多くの方はフカフカで寝心地がよいベッドを好むと思いますが、これは受精卵も同じことが言えます。

受精卵にとっても厚みのあるフカフカのベッドの方が居心地が良いため、薄い内膜では着床しづらくなってしまいます。

 

【理想は2桁】妊娠するために必要な子宮内膜の厚さ

受精卵が着床・妊娠するための理想の内膜の厚さは2桁になります。

つまり、10ミリ以上あると理想的な子宮内膜の厚さと言えますが、8ミリでもギリギリ大丈夫と言われています。

逆に8ミリ以下の場合は内膜が薄いということになり、妊娠しづらいということになります。

 

まとめ

子宮内膜が薄いというお悩みを持たれている方は意外と多いかと思いますが、もちろん病院で薬を使用した治療でも改善することは可能となります。

しかし、中にはあまり薬を使用したくないという方もいると思いますが。

こういった方には鍼灸治療でも改善することが可能であるため、選択肢として考えていただければと思います。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

【不妊治療の病院の選び方】抑えておきたい5つのポイント

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 不妊治療を考えているけど病院の選び方が分からなかったり、今通っている病院が自分には合わない、または口コミが気になっていませんか? インターネット時代の現代では簡単に情報を集めることができる分、逆[…]

[» 続きを見る]

【PMSがひどいと悩んでいる方】それってPMDDという別の病気かも?

PMSの症状がひどくて困っている女性は多くいます。 そんな中で生理前になると自分が自分じゃなくなるほどイライラが強くなり、友人やパートナーにきつく当たってしまい後で後悔してしまうことはあませんか? 今回は生理前になると人[…]

[» 続きを見る]

もうすぐ確定申告&医療費控除申請の日です

もうすぐ我々、個人事業主にとっては面倒な確定申告の季節がやってきます。 また、患者様方にとっても医療費控除申請の季節でもあります。 確定申告といっても私の場合は専用のソフトを使用しているため、必要な情報を毎日入力していれ[…]

[» 続きを見る]

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]