【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

なかなか妊娠できないから婦人科を受診すると子宮内膜が薄いことを指摘され、どうやったら改善できるか知りたい方へ。

受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜が十分な厚さみがなければ不妊の原因となってしまいます。

本記事では子宮内膜は鍼灸治療で厚くすることができるということ、セルフケア、原因、子宮内膜が薄いとなぜ妊娠しづらい理由などについて解説しております。

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

子宮内膜が薄いと不妊の原因となってしまいますが、このお悩みは鍼灸治療でも改善することが可能となります。

当院でもこれまでに改善した症例を持っておりますので、この経験から以下3点に絞ってお話をしていきます。

  • ポイントは血流改善
  • 改善するためには一定期間の治療は必要
  • セルフケアも重要です

 

鍼灸治療で血流を改善することで子宮内膜が厚くなる

鍼灸治療を行うと血流が改善されるというのは有名な話ではあります。

そのため、子宮内膜が薄い方に対しても骨盤内の血流を改善するための鍼灸治療を行うことで内膜の厚さが改善してきます。

また、骨盤内の血流を改善するためにはきわどい部分やお尻などに鍼を刺す必要があるのかと言えばそんなことはありません。

治療院によってはこういった部分に鍼を刺す治療法を行っていることは事実としてありますが、当院では基本的に手足、頭部、背中にあるツボを使って治療を行ってきます。

 

治療ペースや子宮内膜の厚さが改善するまでの期間

  • 治療ペース:基本的には週1回
  • 改善までの期間:1~3か月

当院での治療ペースや改善までの期間は上記のようになっております。

内膜は生理周期により厚さが変化しますが、生理から排卵日にかけて厚さを増していくため、特にこの期間の治療が重要になってきます。

そのため、場合によってはこの期間に週2回の治療を行うこともありますが、ケースバイケースとなります。

【当院での不妊治療の症例についてはこちら】

 

鍼灸治療と共に行うべきセルフケア

お灸をする女性

子宮内膜の厚さを改善するためには鍼灸治療で改善することは可能ですが、やはり+αで自身でのセルフケアも重要となります。

【行うべきセルフケア】

  • 運動
  • お灸
  • 規則正しい生活習慣
  • バランスの良い食事

どれも基本的なことですが、現代人では意外とできていなかったり、やらないといけないと分かっていても、何かしらの理由を付けてやらない方が多いのではないでしょうか?

少しでも早く改善させるためにも、鍼灸治療の効果を維持させるためにもセルフケアは重要になります。

【子宮内膜を厚くするためのおすすめのツボ】

  • 三陰交:内くるぶしから指4本分
  • 太ケイ:アキレス腱と内くるぶしの中間
  • 関元:へその下から指4本分

 

子宮内膜が薄い原因は2つあり!

子宮内膜が薄い状態になってしまう原因は主に2つあります。

  • ホルモンの問題
  • 子宮内部の血流の問題

 

ホルモンバランスの乱れ

子宮内膜が薄い原因は第一にホルモンバランスの乱れが考えられます。

子宮内膜を厚くするために必要なホルモンは「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内膜の厚さと関係してきます。

この2つのホルモンのうちエストロゲンが子宮内膜を厚くさせるためには重要なホルモンとなりますが、内膜が薄いということはこのホルモンの量が不足しているということになります。

また、排卵誘発剤であるクロミッドを服用することで、副作用として内膜が薄くなってしまうことがあります。

 

子宮内部の血流不足

ホルモンバランスの乱れ以外には子宮内部(骨盤内)の血流不足が原因となりえます。

ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

しかし、ストレスによる自律神経の乱れや冷えなどにより血流が悪くなることで子宮内の血流が悪くなることで、十分な血液が子宮に送られなくなってしまいます。

 

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい理由

妊娠検査

そもそも子宮内膜が薄いとなぜ妊娠しづらいかをご存じでしょうか?

その理由についてご説明していきます。

 

子宮内膜が薄いと受精卵の居心地が悪い

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい理由は受精卵の居心地が悪く着床しづらいためです。

子宮内膜というのは受精卵にとってベッドだと思ってください。

多少の好みの問題はありますが、多くの方はフカフカで寝心地がよいベッドを好むと思いますが、これは受精卵も同じことが言えます。

受精卵にとっても厚みのあるフカフカのベッドの方が居心地が良いため、薄い内膜では着床しづらくなってしまいます。

 

【理想は2桁】妊娠するために必要な子宮内膜の厚さ

受精卵が着床・妊娠するための理想の内膜の厚さは2桁になります。

つまり、10ミリ以上あると理想的な子宮内膜の厚さと言えますが、8ミリでもギリギリ大丈夫と言われています。

逆に8ミリ以下の場合は内膜が薄いということになり、妊娠しづらいということになります。

 

まとめ

子宮内膜が薄いというお悩みを持たれている方は意外と多いかと思いますが、もちろん病院で薬を使用した治療でも改善することは可能となります。

しかし、中にはあまり薬を使用したくないという方もいると思いますが。

こういった方には鍼灸治療でも改善することが可能であるため、選択肢として考えていただければと思います。

Share

関連記事

うつ病の治療期間ってどのくらい?

コンテンツ1 うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?2 うつ病の治療が長期にわたる理由3 病院を変えれば治療期間は短くなるの?4 うつ病治療で大切なこと うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの? ご自身や家族がうつ病に[…]

[» 続きを見る]

鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか? 寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか? 私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸[…]

[» 続きを見る]

ツボの面白さ

昨日の雪は凄かった! そして今日は東日本大震災から4年です。 最近テレビでは地震の予知に関する内容の番組が多い気がしますが、いつか予知できるようになってほしいと願います。 さて、今日はツボの面白さについてですが、これは不[…]

[» 続きを見る]

内装工事~床ができました~

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今朝は朝から新店舗で使用するベッドやタオルの購入をしに大曽根まで行ってまいりました。 さて、そんなことよりも新店舗の内装工事ですが、昨日の夕方には床が出来ておりまし[…]

[» 続きを見る]

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]