子宮内膜を厚くする方法

名古屋の体質改善請負人こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。

子宮内膜の厚さは不妊症との関連も出てきます。
子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄いと着床が上手くいかないために不妊症の原因となってきます。

寝る時のことを考えてみてください。敷布団一枚よりもその下にマットを敷いた方が寝心地はいいと思います。そのため、受精卵が着床するためにも適度な厚みが必要となってきます。

子宮内膜が薄くなる原因は第一にホルモンバランスの乱れ!
排卵日以降に内膜の8mm以上必要になってきますが、排卵前に子宮内膜を厚くするのが「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内閣の厚さと関係してきます。
この2つのホルモンがしっかりと分泌されないと子宮内膜がうまく増殖しなくなります。
また、排卵誘発剤である「クロミッド」の副作用として子宮内膜が薄くなってしまうこともあります。

ホルモンバランスの乱れ以外には骨盤内の血流不足や冷えも原因となりえます。
ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

【子宮内膜を厚くする方法】
・自宅でのお灸
・バランスの良い食生活
・ストレスを溜めない
・体(特に下半身)を温める
・運動

子宮内膜を厚くするためにはまずはホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには、バランスの取れた食事は必須ではありますが、女性ホルモンは脂質を元に作られるため、良質な脂質も取る必要があります。青魚やオリーブオイル、ごま油などがお勧めです。
また、ホルモンは自律神経系により調節されるため、ストレスを溜め込むのも良くありません。しっかりとストレス対策も行ないましょう。
自宅でお灸をする場合は「三陰交」や「関元」というツボがお勧めになります。

関元:へその下から指4本下
三陰交はこちらを参照

Share

関連記事

産後うつ③

産後うつを防ぐために効果的なこととして「運動」がある。 運動といっても誰でも簡単に行なうことができる散歩を1日15~30分行なうだけで産後うつの予防にも繋がる。 産後うつは育児ストレスも大きな原因となり、育児中は何かと家[…]

[» 続きを見る]

卵巣と精巣のお話

女性にとって冷えは大敵!と言いますが、では男はどうなのか?考えたことありますか? 身体にとっては冷えは確かに良くありませんが、男の場合は熱にも注意するべきです。 卵巣は体内にあり、精巣は陰嚢という袋の中にあるため、体内に[…]

[» 続きを見る]

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは結婚を控えた男女が妊娠しやすい身体かどうかを事前に婦人科にて検査を行なうというもので、数年前から検査を行うカップルが増えてきた。 検査項目はHIVやクラミジア、カンジタ、梅毒などの性病、ホルモン値、[…]

[» 続きを見る]

ツボ押しって効果あるの?

本屋に行くと「ツボ押し」関連の本がたくさんあるかと思いますが、購入された方はいらっしゃいますかね? もしくは、誰かに聞いたり、テレビで見たりして実際にツボ押しを行なったことがある方はどのぐらいいるんでしょうか? そんなツ[…]

[» 続きを見る]