子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?

不妊症の原因は様々ありますが、子宮内膜の厚さも不妊症との関連があります。
子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄いと着床が上手くいかないために不妊症の原因となってきます。いわゆる着床障害による不妊症ということになります。

寝る時のことを考えてみてください。敷布団1枚よりもその下にマットを敷いた方が寝心地はいいと思います。そのため、受精卵が着床するためにも適度な厚みが必要となってきます。

子宮内膜が厚くならない原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

子宮内膜が薄くなる原因は第一にホルモンバランスの乱れ。
排卵日以降に内膜の厚さが8mm以上必要になってきますが、排卵前に子宮内膜を厚くするのが「エストロゲン」という女性ホルモン、さらに排卵日以降は「プロゲステロン」という女性ホルモンが内膜の厚さと関係してきます。
この2つのホルモンがしっかりと分泌されないと子宮内膜がうまく増殖しなくなります。
また、排卵誘発剤である「クロミッド」の副作用として子宮内膜が薄くなってしまうこともあります。

冷えによる血行障害

ホルモンバランスの乱れ以外には骨盤内の血流不足や冷えも原因となりえます。
ホルモンは血液により運ばれるため、しっかりと子宮に血液が送られなければいけません。

子宮内膜を厚くするためのセルフケア

・自宅でのお灸
・バランスの良い食生活
・ストレスを溜めない
・体(特に下半身)を温める
・運動

子宮内膜を厚くするためにはまずはホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには、バランスの取れた食事は必須ではありますが、女性ホルモンは脂質を元に作られるため、良質な脂質も取る必要があります。青魚やオリーブオイル、ごま油などがお勧めです。
また、ホルモンは自律神経系により調節されるため、ストレスを溜め込むのも良くありません。しっかりとストレス対策も行ないましょう。
自宅でお灸をする場合は「三陰交」や「関元」というツボがお勧めになります。

関元:へその下から指4本下
三陰交はこちらを参照

Share

関連記事

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

他の病気が引き起こした円形脱毛症

円形脱毛症でお越しの30代女性 8月に他の病気の手術をしたことにより、術後2週間後に脱毛症を発症。 10月に遠方へ引越しをし、近くに鍼灸院がないため何とかして欲しいとのこと。 8月下旬から週2回の治療を開始し1ヶ月で完璧[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体作り~睡眠編~

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人です。 本日は妊娠しやすい体作り【睡眠編】です。 皆さんは1日にどのぐらいの睡眠時間を取れているでしょうか? ちなみに私はだいたい5~6時間ぐらいでしょうか?意外と少ないと思われるかも[…]

[» 続きを見る]

日本人の有給消化率

先日の治療中の患者さんとの会話。 「来月、仕事休んで旅に出ます。」という患者さんからのちょっとした報告があり、「有給ですか?」と聞くと、「もちろん!」という返事。 そこで疑問に思ったのが、日本人はどれぐらい有給を使ってい[…]

[» 続きを見る]