自然妊娠の確率を上げる方法

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。

自然妊娠をするためには性行為をしなければいけませんが、性行為を行なうタイミングも大切ではありますが、その他にも大切なことがあります。
それは、男性側の精子の状態です。

ここからはあくまでも男性側の精子の状態に問題がない場合のになりますが、精子と卵子の違いは卵子2週間かけて成熟しますが、精子に関しては毎日作られ、射精後3日ほどで満タンになります。
そのため、自然妊娠の確率を少しでも上げるためには、ただ単に排卵日に性行為をすればいいわけではありません。
3日ほどで満タンになるため、なかなか射精をしないとなるとどんどん精子は古くなってしまいますが、定期的に射精をすることにより、より新鮮な精子で挑むことができ、確率を上げることができます。

タイミングの取り方についてはこちらを参考にして下さい。

Share

関連記事

生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群1.1 多嚢胞卵巣症候群の原因1.2 多嚢胞卵巣症候群の症状1.3 治療について 多嚢胞卵巣症候群 卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。 卵細胞は卵[…]

[» 続きを見る]

卵巣と精巣のお話

女性にとって冷えは大敵!と言いますが、では男はどうなのか?考えたことありますか? 身体にとっては冷えは確かに良くありませんが、男の場合は熱にも注意するべきです。 卵巣は体内にあり、精巣は陰嚢という袋の中にあるため、体内に[…]

[» 続きを見る]

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]