妊娠しやすい体作り~冷え対策~

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院長谷川です。

今回は妊娠しやすい体作り【冷え対策】です。
冷え性は多くの女性が悩んでいる症状の1つになり、「冷えは万病の元」などとも言われますが、冷え性が不妊症に大きく関係するかといえば答えはおそらく「NO」と言えます。
直接、不妊と関係があるとなれば、大半の女性が不妊でお悩みになることでしょう。
あくまでも1つの要因となりうるということです。

冷え対策は何かしていますか?

自分では冷え性と言いながら、冬なのに薄着であったり、スカートだったりという方もチラホラと見かけます。
事務職でスカートを穿かなければいけない方はブランケット一枚膝にかけるだけでも違ってきますが、実際こういったことはできているでしょうか?

ずばり、冷え対策は足元から行なうべきです!
暖かい空気は上へ行き、冷たい空気は下に溜まりやすいということはご存知かと思います。
そのため、冬場はダウンやコートなど上半身を暖かくしがちですが、下半身も温かくしなけれいけません。

暖房器具に関してもやはりエアコンよりも石油ファンストーブやガスストーブを使用することを私はお勧めします。
また、使用する際はサーキュレーターを天井に向けて、天井付近に溜まった暖かい空気を循環させてあげることで部屋全体が温まります。
私も今年の冬から使用してみましたが、昨年よりも部屋が早く温まり、また部屋も暖かく感じます。

サーキュレータは夏だけではなく冬でも活躍してくれる優れものです。

Share

関連記事

鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか? 寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか? 私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について②

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。 肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。 肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ ①皮膚に潤いを与える ②大腸に水分を送る ③排尿作用の促進 肺が悪くなると[…]

[» 続きを見る]

体育の日

本日は体育の日。 「体育の日(10月10日)は必ず晴れる」というデータから1964年の東京オリンピックはこの日に決まったそうです。 このジンクスは今でも変わらないようです。 今日の新聞に運動週間に関する記事がありました。[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 30歳 女性

坐骨神経痛 30歳 女性 今年の3月まで育児休暇をとっていたが4月より復職。 オールタイムでの勤務ではないが、仕事・家事に育児にと忙しい毎日を過ごしていると両側の臀部と大腿部に痺れが起きる。 しばらくは様子を見ていたが痛[…]

[» 続きを見る]