妊娠しやすい体作り~冷え対策~

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院長谷川です。

今回は妊娠しやすい体作り【冷え対策】です。
冷え性は多くの女性が悩んでいる症状の1つになり、「冷えは万病の元」などとも言われますが、冷え性が不妊症に大きく関係するかといえば答えはおそらく「NO」と言えます。
直接、不妊と関係があるとなれば、大半の女性が不妊でお悩みになることでしょう。
あくまでも1つの要因となりうるということです。

冷え対策は何かしていますか?

自分では冷え性と言いながら、冬なのに薄着であったり、スカートだったりという方もチラホラと見かけます。
事務職でスカートを穿かなければいけない方はブランケット一枚膝にかけるだけでも違ってきますが、実際こういったことはできているでしょうか?

ずばり、冷え対策は足元から行なうべきです!
暖かい空気は上へ行き、冷たい空気は下に溜まりやすいということはご存知かと思います。
そのため、冬場はダウンやコートなど上半身を暖かくしがちですが、下半身も温かくしなけれいけません。

暖房器具に関してもやはりエアコンよりも石油ファンストーブやガスストーブを使用することを私はお勧めします。
また、使用する際はサーキュレーターを天井に向けて、天井付近に溜まった暖かい空気を循環させてあげることで部屋全体が温まります。
私も今年の冬から使用してみましたが、昨年よりも部屋が早く温まり、また部屋も暖かく感じます。

サーキュレータは夏だけではなく冬でも活躍してくれる優れものです。

Share

関連記事

体外受精と顕微受精の違い

不妊治療において体外受精と顕微受精はどちらも高度先端医療となる。 基本的には自然(タイミング法)→人口受精→体外受精→顕微受精とステップアップしていくことになるが、場合によっては最初から顕微受精になることもあります。 こ[…]

[» 続きを見る]

PMSは東洋医学ではどう考えるか?

コンテンツ1 東洋医学でのPMSの基本的な考え方2 なぜ色々な症状が出てくるのか?3 東洋医学的なPMSの体質 東洋医学でのPMSの基本的な考え方 PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や[…]

[» 続きを見る]

先生は何歳ですか?

最近、新規の患者さんによく聞かれます。 特に年上の方には比較的若く見られるようですがこう見えて34歳です。 年齢を気にされるのにはやはり理由があると思いますが、その一番の理由は「年齢と経験年数」ということだと思います。 […]

[» 続きを見る]

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について③

脾とは東洋医学では胃腸系全般のことになります。 この脾と言う部分は食べ物から「気・血・水」を作り出す場所でもあるが、作るだけではなくこれらを全身へ運搬する働きもある。 つまり胃腸が弱っていたり、自覚がなくても胃腸が疲れて[…]

[» 続きを見る]