妊娠しやすい体作り~冷え対策~

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院長谷川です。

今回は妊娠しやすい体作り【冷え対策】です。
冷え性は多くの女性が悩んでいる症状の1つになり、「冷えは万病の元」などとも言われますが、冷え性が不妊症に大きく関係するかといえば答えはおそらく「NO」と言えます。
直接、不妊と関係があるとなれば、大半の女性が不妊でお悩みになることでしょう。
あくまでも1つの要因となりうるということです。

冷え対策は何かしていますか?

自分では冷え性と言いながら、冬なのに薄着であったり、スカートだったりという方もチラホラと見かけます。
事務職でスカートを穿かなければいけない方はブランケット一枚膝にかけるだけでも違ってきますが、実際こういったことはできているでしょうか?

ずばり、冷え対策は足元から行なうべきです!
暖かい空気は上へ行き、冷たい空気は下に溜まりやすいということはご存知かと思います。
そのため、冬場はダウンやコートなど上半身を暖かくしがちですが、下半身も温かくしなけれいけません。

暖房器具に関してもやはりエアコンよりも石油ファンストーブやガスストーブを使用することを私はお勧めします。
また、使用する際はサーキュレーターを天井に向けて、天井付近に溜まった暖かい空気を循環させてあげることで部屋全体が温まります。
私も今年の冬から使用してみましたが、昨年よりも部屋が早く温まり、また部屋も暖かく感じます。

サーキュレータは夏だけではなく冬でも活躍してくれる優れものです。

Share

関連記事

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]

基礎体温の測り方

女性が妊娠を希望する際に月経の状態を知ることができるのが基礎体温。 特に問題ななければ低温期が約2週間あり、そこから体温が下がり排卵が起こり、高温期へと移行する。 理想的な低温期と高温期の差は約0.3℃とされている。 基[…]

[» 続きを見る]

産後うつ①

東京ではこの10年間で自殺で亡くなった妊産婦の方が63名もいたことが調査の結果判明した。 この63名は ・妊婦:23名 ・出産後1年未満:40名 このうち、出産後1年未満の方の6割がうつ病や統合失調症などの精神疾患に罹っ[…]

[» 続きを見る]

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]