妊娠しやすい体作り~睡眠編~

こんにちは。
名古屋の体質改善請負人です。

本日は妊娠しやすい体作り【睡眠編】です。
皆さんは1日にどのぐらいの睡眠時間を取れているでしょうか?
ちなみに私はだいたい5~6時間ぐらいでしょうか?意外と少ないと思われるかもしれませんが、個人的にはこれぐらいで充分ですし、何よりもあまり長時間は寝られません。

睡眠で大切なのは「量」と「質」、そして「時間帯」になります。
必要な睡眠時間は人それぞれ違いますが、一般的には7時間といわれていますが、7時間も寝ると体が痛くなる、逆にしんどくなるという方は自分にあった睡眠時間を見つけていただければよいかと思います。

睡眠の質には関してはしっかりと「熟睡できているか?」ですね。
良質な睡眠を取れていると疲労回復、免疫力向上、肌質改善、精神を安定させるなどの効果があります。
もし、熟睡感がないということであれば、簡単に取り入れることができるのはやはり「アロマ」です。
「万能の製油」とも言われ、心を落ち着かせる効果のあるラベンダーがお勧めではありますが、実際に臭いをかいで気に入った製油で問題ありません。
また、就寝前にヒーリングミュージック(波の音など)を聴くのもお勧めです。

最後に時間帯ですが、ゴールデンタイムと言われる22時~2時の間に就寝すること。
このゴールデンタイムの時間に成長ホルモンが分泌され、体の修復を行なってくれます。
この時間帯は面白い番組が放送されているため、ついつい夜更かししていませんか?
もしそうなら、録画しておいて休日に観るようにしましょう。

Share

関連記事

原因不明の時こそ東洋医学

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 昨日の台風はなかなかの雨風で今も風がビュービュー吹いております。 体の調子が悪く、近所のかかりつけの病院へ行き検査をするが異常なし。さらに大学病院を受診しても異常な[…]

[» 続きを見る]

病院で血圧を測ると高いのはなぜ?

普段血圧を測ると特に問題はないが、病院で医師や看護師の方に血圧を測定してもらうと普段よりも高くなる。 こんな経験はありませんか? これは特に病的なものではないのでご安心を。 このような場合を「白衣性高血圧」と言います。 […]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群を食事で改善する方法

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法2 多嚢胞卵巣症候群と食事の関係3 血糖値の急上昇を防ぐ食事法3.1 糖質以外は制限しないこと4 まとめ 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法 比較的若い女性[…]

[» 続きを見る]

海外からの患者さん

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先月から海外からの患者さんが治療のために来院されていました。 海外からのというものの、日本人の方ですがね。海外の方と結婚されて今はとある国に住まれており、一時帰国中[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と漢方薬はどちらがいいか?

こんにちは。名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 昨今では病院でも積極的に漢方薬が処方されているため、漢方薬を服用する機会が増えているかと思いますが、漢方薬は東洋医学のものですが、同じ東洋医学である鍼灸と漢方[…]

[» 続きを見る]