花粉症の症状は朝が1番辛い?モーニングアタックとは

こんにちは。
元アレルギー性鼻炎の蓬祥鍼灸院 長谷川です。
本日は花粉症の方にとってはおなじみとも言える寝起きの花粉症の症状に関してのお話です。
私自身アレルギー性鼻炎でしたが、モーニングアタック自体は経験したことがないのですが、鼻水・鼻詰まり・目の痒みに関しては非常に分かります。
個人的には鼻のかみ過ぎで鼻の下が痛くなるのが一番嫌な思い出です。

モーニングアタックって何?

鼻を噛む女の子

花粉症の方にとってはお馴染み?とも言えるのが「モーニングアタック」。
花粉がピークの今の時期ですが、仕事や予定があるというのに朝から悩まされていませんか?朝からぎっくり腰になったらそれこそ大変です。
モーニングアタックって何だ?という方のために簡単にご説明しますと、朝起きた瞬間からくしゃみや鼻水が止まらないことをモーニングアタックと言います。おそらく、花粉症でお悩みの方の多くが経験されている症状ではないでしょうか?

モーニングアタックの原因は?

ハッキリとした原因は分かっていないというのが現状です。
しかし、いくつかの原因はありますのでご紹介します。

①自律神経の問題

起床時は自律神経がやや乱れがち。
日中は交感神経が働き、くしゃみや鼻水を押さえようとしていますが、起床時は副交感神経が優位な状態です。副交感神経が優位な状態だと鼻の粘膜の血管が膨張し、鼻が詰まったり、血管から水分が出てきて鼻水が出てくることになります。
【対策】
起床時にすぐに起き上がるのではなく、少し布団の中で身体を動かしてか起き上がるようにする。

②就寝中の花粉やハウスダストの吸い込み

寝ている間に空気中に待っていた花粉やハウスダストが布団や床に落ち、起床時にこのアレルゲンを吸い込んでしまう。
【対策】
空気清浄機をお持ちであれば就寝中も稼動させて起きましょう。また、マスクをして寝ることで就寝中の花粉やを吸い込むことを防ぐ。

③寒冷刺激や室内の温度の問題

暖かい布団の中から出て、冷たい空気を吸うことにより鼻の粘膜が刺激されることにより症状が起きる。
暖かい場所→冷たい場所、冷たい場所→暖かい場所で鼻水が出る状態です。
別名・血管運動性鼻炎とも言います。
【対策】
エアコンやストーブのタイマーを起床時間の少し前に設定しておくことで、起床時には部屋が暖かい状態にしておく。

鍼灸治療で自律神経を整える

鍼灸治療は自律神経を整えるのに非常に効果的な治療方法になります。
自律神経の乱れは日常生活の不摂生から起きることになるので、まずは生活習慣の改善を行うとともに鍼灸治療も行っていくことで花粉症の症状も軽減していくことができます。
毎年花粉症の症状がある方が多くいらっしゃいますが、ほとんどの方が鍼灸治療を始める、または継続されることで症状が軽くなったり、ほとんどなくなっております。
まだまだ、花粉シーズンが続きますが、お悩みの方はご相談ください。

当院のコロナウイルス対策についてはこちら

Share

関連記事

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経①

元々、スポーツトレーナーを目指していたので、たまにはスポーツ関連のネタをご提供します。 全国大会などに出場するなど本格的にスポーツをしている女性の2割が疲労骨折を経験しているそうです。 疲労骨折とは正常な骨であれば骨折す[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

性感染症のカンジタを侮るなかれ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日は性感染症の1つである「カンジタ」についてです。 当院のホームページを見に来る方の中でも「カンジタ」というキーワードが非常に多く、ほぼ毎日のようにこのキーワードで検索されて[…]

[» 続きを見る]

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]