朝から辛い【モーニングアタック対策】

元アレルギー性鼻炎の鍼灸師・長谷川です。

花粉症の方にとってはお馴染み?とも言えるのが「モーニングアタック」。
花粉がピークの今の時期ですが、仕事や予定があるというのに朝から悩まされていませんか?
朝からぎっくり腰になったらそれこそ大変です。

モーニングアタックって何だ?という方のために簡単にご説明いたします。
朝起きた瞬間からくしゃみや鼻水が止まらないことをモーニングアタックと言います。

モーニングアタックの原因は?
ハッキリとした原因は分かっていないというのが現状です。
しかし、いくつかの原因はありますのでご紹介します。

①自律神経の問題
起床時は自律神経がやや乱れがち。
日中は交感神経が働き、くしゃみや鼻水を押さえようとしていますが、起床時は副交感神経が優位な状態です。副交感神経が優位な状態だと鼻の粘膜の血管が膨張し、鼻が詰まるったり、血管から水分が出てきて鼻水が出てくることになります。
【対策】
起床時にすぐに起き上がるのではなく、少し布団の中で身体を動かしてか起き上がるようにする。

②花粉やハウス出すとの吸い込み
寝ている間に空気中に待っていた花粉やハウスダストが布団や床に落ち、起床時にこのアレルゲンを吸い込んでしまう。
【対策】
空気清浄機をお持ちであれば就寝中も稼動させて起きましょう。また、マスクをして寝る。

③寒冷刺激や室内の温度の問題
暖かい布団の中から出て、冷たい空気を吸うことにより鼻の粘膜が刺激されることにより症状が起きる。
暖かい場所→冷たい場所、冷たい場所→暖かい場所で鼻水が出る状態です。
別名・血管運動性鼻炎とも言います。
【対策】
エアコンやストーブのタイマーを起床時間の少し前に設定しておく。

私自身アレルギー性鼻炎でしたが、モーニングアタック自体は経験したことがないのですが、鼻水・鼻詰まり・目の痒みに関しては非常に分かります。
個人的には鼻のかみ過ぎで鼻の下が痛くなるのが一番嫌な思い出です。

Share

関連記事

太衝穴

ストレスにより気の流れが悪くなった状態を肝鬱気滞といいますが、この場合には「疏肝(そかん))という肝気の流れを良くしなければいけません。 その際によく使用されるのが太衝というツボになります。 正しくツボが取れればこのツボ[…]

[» 続きを見る]

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

HSP-あなたは人よりも繊細な人かも?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 仕事柄色々な方と接する機会がありますが、中にはちょっとした環境の変化で体調に問題が起きる「凄い繊細な方」がいらっしゃいます。 このような方はHSPかもしれません! 【HSPとは】 […]

[» 続きを見る]

治療にあせりは禁物

今抱えている体の不調がなかなか改善されないと不安になり、あれこれと治療を試している方は多く見られます。 まずは病院での治療を受け、だめなら漢方や鍼灸という選択を取られる方が多いのですが、中には治療院を転々として見える方も[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]