大豆が更年期の方にお勧めの理由

大豆の力で更年期を乗り切ろう

更年期でお悩みの方はホルモン補充や漢方薬、鍼灸など色々な治療を試みているかと思いますが、食生活の改善は行なっているでしょうか?
人の身体は毎日の食事で出来上がるため、食生活を改善するだけでも以外と体調が変わってくるものです。
更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ることにより起きるされていますが、減っている分はやはり補う必要があります。そこで、更年期の方にお勧めするのが大豆製品になるため、毎日の食事に取り入れてみましょう!

大豆の力とは?

大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きがあるとされています。また、大豆は更年期障害を改善するだけではなく、女性にとっては嬉しい効果が盛りだくさんとなるため、女性の強い見方と言えます。

イソフラボンの効果

①エストロゲンの過不足を整える
②骨粗しょう症の予防
③美肌効果
④乳がんの予防効果
⑤悪玉コレステロールを下げる
⑥血糖値を下げる

大豆が含まれる食品

・納豆
・きな粉
・豆腐
・味噌
・豆乳
・油揚げ
・おから

このような方は大豆の取り過ぎにはご注意を!

大豆が更年期の方にお勧めできる食材ではありますが、全ての方に良い食材というわけではありません。つまり、食べ過ぎてはいけない方も少なからずいるということです。

どのような方かというと子宮筋腫を持たれている方になります。

子宮筋腫はエストロゲンの分泌量が増えることにより大きくなるとされているために、禁酒を持たれている方が大豆製品を取りすぎることにより、筋腫の成長を促してしまう可能性もあります。そのため、禁酒を持たれている方は程ほどにするようにしましょう。

まとめ

日本人には馴染みのある食材ではありますが、意外と摂取できていなかったりするので、普段の食事にプラスするよう心がけ、仕事や家事と忙しい毎日を送っているからこそ、先ずは食事で体調を整えるようにしましょう。
大豆が含まれる食材を見る限り、やはり昔ながらの和食がお勧めとなります。ただし、食事での体質改善はそれなりに時間が必要であることもまた事実になります。今日食べて明日から体調が良くなるわけではありません。

Share

関連記事

鍼で血液検査の結果が良くなる

腰痛で来院されていた50代男性。 糖尿病の既往歴あり。 ・服薬前の血糖値:170~180 ・服薬後の血糖値:150 鍼灸治療5回行い定期健診で血液検査を行なうと130ほどに下がっていた。 今回の場合は糖尿病の治療を行なっ[…]

[» 続きを見る]

歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。 先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果②

定期的に来院される50代女性。 足がパンパンに張って痛みとダルさを訴えられていた。 足を診ると大腿部に細絡を確認。 右脚は胃経の梁丘(りょうきゅう)付近、左足は脾経の血海付近 左右の大腿部に刺絡を行なうと赤黒い血液が放出[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]

生理不順で周期がバラバラになる原因は?

女性にしか起こらない生理的な現象が「月経(生理)」になりますが、特に問題のない方であれば月に1回は必ず訪れるものになります。 医学的には25日~40日以内に定期的に来ていれば問題視されることはありません。 しかし、中には[…]

[» 続きを見る]