東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。
舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。
しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診ることができるため自分の舌がどんな状態なのか確認してみましょう。

正常な舌はこちらの画像

>>舌の先端や縁に赤いブツブツがあったり、舌の色全体が真っ赤

ストレスが溜まっている状態です。

>>舌の縁に歯型が付いている
胃が弱っている状態、または身体が疲れている。

>>舌の色が薄い
血が不足していたり、身体を温める力が不足した状態。

>>舌に白い苔がベッタリと付いている

胃に過剰に水分が溜まった状態です。
※水分の取りすぎ、甘いもの、飲酒、味の濃いものの食べ過ぎ。

>>舌全体が水ぶくれの様になっている

身体の水分代謝が悪い状態。

>>舌に白い苔が一切ない

身体の水分が不足した状態

>>舌がひび割れている

身体の水分が不足している、または血の不足。

>>舌全体の色が赤紫色、または赤黒い

血流が悪い状態。婦人科疾患を抱えている可能性あり。

>>舌の裏の血管が浮き出ている

血流が悪い状態。婦人科疾患を抱えている可能性あり。

>>舌の白い苔の一部が剥がれている

胃がかなり弱っている状態。

比較的多く診られるものを挙げてみましたが、人によってはいくつか当てはまることがあります。
舌診だけで全てが決まるわけではないですが、1度ご自身で確認してみてください。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------