少食で健康になる

皆さんは1日にどのぐらいの食事を摂っていますか?
食べ過ぎてしまうことはありませんか?

ついつい食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思いますが、毎日・毎食お腹一杯になるまで食べてしまうのはやはり身体にとっては良くありません。

以前、暴飲暴食気味の一卵性双生児を使ったこんな実験がありました。
・兄はいつもどおりの食事を一週間続ける
・弟はいわゆる一汁一菜に近い食事を6日間、最後の一日は断食。

結果はというと弟の方が血液検査の結果が良くなるのは当然のことですが、感覚的にも今までよりも身体が軽く感じるという結果になりました。
現代の食事は戦前の日本の食事とは摂取カロリーが大きく違い、簡単に高カロリーで栄養豊富な食事が摂れ、さらにはコンビニやファストフードなどでいつでも食べることができてしまうため、かなり胃に負担をかけていることになります。
昔から「腹八部目」という言葉がありますが、胃に負担をかけすぎないためにも「もう少し食べたい・・・」ところでやめるようにしましょう。また、それほど身体を動かしていない場合は「腹六部目」でも良いかもしれません。

もっと言ってしまえば、時々でいいので丸一日断食するのもお勧めです。
私は最高で3日間行ないましたが、やはり身体は軽くなりました。

食べ過ぎることによって生活習慣病と言われる糖尿病、高脂血症、高血圧以外にも色々な身体の不調を招くことになるので、今こそ少食を心がけるようにしましょう。

Share

関連記事

ご予約に関して

名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 鍼灸院にも色々なスタンスで治療をされていますが、多くの鍼灸院では「完全予約制」または「予約優先」で行なっている治療院が多いかと思いますが、当院では前者の完全予約制にて行なっております。 […]

[» 続きを見る]

激しい生理痛の正体は子宮内膜症かも?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性の方に毎月起こる生理ですが、皆さんは生理痛はどの程度の痛みがありますが? もちろん、全く痛みがないというのが理想ではありますが、中には毎回激痛に悩まされており薬を飲んでも痛みが[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]

月経に関して

東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。 CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。 […]

[» 続きを見る]

身体に熱がこもった「実熱体質」

このタイプは主に気滞体質の方がなりやすい体質になります。 気滞というのは気の流れが悪い状態になりますが、ちょっとイメージしてみましょう。 人口密度が高く、人の流れが悪い場所では室内温度は高くなりますよね? このような状況[…]

[» 続きを見る]