少食で健康になる

皆さんは1日にどのぐらいの食事を摂っていますか?
食べ過ぎてしまうことはありませんか?

ついつい食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思いますが、毎日・毎食お腹一杯になるまで食べてしまうのはやはり身体にとっては良くありません。

以前、暴飲暴食気味の一卵性双生児を使ったこんな実験がありました。
・兄はいつもどおりの食事を一週間続ける
・弟はいわゆる一汁一菜に近い食事を6日間、最後の一日は断食。

結果はというと弟の方が血液検査の結果が良くなるのは当然のことですが、感覚的にも今までよりも身体が軽く感じるという結果になりました。
現代の食事は戦前の日本の食事とは摂取カロリーが大きく違い、簡単に高カロリーで栄養豊富な食事が摂れ、さらにはコンビニやファストフードなどでいつでも食べることができてしまうため、かなり胃に負担をかけていることになります。
昔から「腹八部目」という言葉がありますが、胃に負担をかけすぎないためにも「もう少し食べたい・・・」ところでやめるようにしましょう。また、それほど身体を動かしていない場合は「腹六部目」でも良いかもしれません。

もっと言ってしまえば、時々でいいので丸一日断食するのもお勧めです。
私は最高で3日間行ないましたが、やはり身体は軽くなりました。

食べ過ぎることによって生活習慣病と言われる糖尿病、高脂血症、高血圧以外にも色々な身体の不調を招くことになるので、今こそ少食を心がけるようにしましょう。

Share

関連記事

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]

治療中に眠くなる

治療の際は鍼を刺したら一定時間(10分~30分)そのままにするが、この際にベッドから寝息やイビキが聞こえてくる。 元々、眠たいこともあるかもしれないが、患者さんの中には「眠くなった」と言われる方も少なくない。 また、治療[…]

[» 続きを見る]

血液が不足した「血虚体質」

血液が全身的に不足している、または体の所定の部位を栄養できないことによって体に不調が起こるタイプ。 このタイプは女性がなりやすく、その理由として毎月女性は月経により一定量の血液を対外に放出するため男性よりも血液が不足しや[…]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の症例

28歳 女性。 26歳の時に病院にて多嚢胞卵巣症候群(PCOS)と診断され、27歳の時に2回目の体外受精にて妊娠・出産。 二人目を考えており、できるだけ自然に妊娠したという希望で、鍼灸治療を選択。 現在は病院にも通院して[…]

[» 続きを見る]