過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。
今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。

腎といっても「腎臓」ではありません。
花粉症の症状以外にもこんな症状があればあなたは「腎虚体質」です。
・疲れやすい
・足腰が弱ってきた
・腰痛(だるい痛み)
・頻尿
・夜中にトイレに起きる
・冷え性
・のぼせやすい
・手足のほてり
・夜の方が症状が酷い(花粉症の症状も含めて)
・寝汗
・頬が赤い
・更年期症状

この腎虚体質に寄る花粉症の場合もストレス体質の花粉症の場合と同様にかなりの目の痒みが出てくるケースがあります。
その理由は東洋医学でいう「腎」と「肝」の関係性が関わってきます。

腎水=母、肝木=子という母子関係になり、木は水を吸って生長するように、子である肝が母の水を吸ってしまうため、結果的に肝が強くなると目の痒みを発症することになります。

セルフケアとしてのお灸は以下をお勧めします。
①太ケイ:内くるぶしとアキレス腱の間
②照海:内くるぶしの2~3cm下

Share

関連記事

年下の男性の精子が卵子を活性化

先日のyahooニュースに面白い記事が載っていました。 年下のパートナーを持つ女性の方が卵子が、同い年や年上のパートナーを持つ女性よりも妊娠しやすいという研究データになります。 年齢で言うと30歳未満の男性のパートナーを[…]

[» 続きを見る]

生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群1.1 多嚢胞卵巣症候群の原因1.2 多嚢胞卵巣症候群の症状1.3 治療について 多嚢胞卵巣症候群 卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。 卵細胞は卵[…]

[» 続きを見る]

春は不調が起きやすい季節です

春といえば多くの方が花粉症でお悩みになりますが、花粉症以外にも身体の不調を招きやすい季節になります。 季節の変わり目なので寒暖差があったり、引越し、就職、転職、入学、卒業、部署移動など環境の変化が激しいため、知らず知らず[…]

[» 続きを見る]

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]

身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。 体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、[…]

[» 続きを見る]