ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。
東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。
東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝」になります。

症状としてはくしゃみや鼻水はもちろんのことですが、一番は目の痒み。
先ほどの季節と内臓の関係性以外にも、「感覚器と内臓の関係性」もあり、「目と関係があるのが肝」になります。
そのため、目の痒みが酷いという方はおそらくこのストレスタイプである可能性が高くなり、ヨーグルトを食べても効果がないというのもうなずけるかもしれません。
●1人暮らしを始めてから・・・
●社会人になってから・・・
●花粉症シーズンになると身体が痒くなったり、湿疹や蕁麻疹のようなものが出る・・・

このような方はこのタイプの疑いありです!

ではどうすれば良いかというと、まずはストレスを溜めないことが第一です。
春は卒業、入学、引越し、就職、人事異動など環境の変化がある時期なので、知らず知らずのうちにストレスが溜まりやすくなります。
そのため、しっかりとストレス発散することを心がけましょう。

ツボ押しとしては頭の天辺にある「百会」、足の甲にある「太衝」、手の「合谷」、手首の少し上の「内関」など、食材としては柑橘類や春菊、セロリ、シソ、バジル、ジャスミンティー、根菜類がお勧めです。

Share

関連記事

眠気③

前回は脾気虚という胃腸の弱りからの眠気のお話でしたが、今回は湿邪による眠気のお話です。 湿邪とは水分の塊でこの湿邪が身体に溜まると色々な症状が出てきますが、眠気が出てくるのも1つの特徴的な症状ともいえます。 まずこの湿邪[…]

[» 続きを見る]

直観力

日々治療をしていると直感的に「ここだなっ!」と感じたツボに鍼を打つことがあります。 直感で選び迷いのない鍼が打てると驚くほどの効果が出る。 これは治療者の直感力。 おそらく患者さん側にも同じことが言えるのではないかと思い[…]

[» 続きを見る]

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の保険サポート開始

日本生命保険から特定不妊治療をサポートする保険が10月から開始されます。 まだ、ホームページには掲載されていないようなので、詳しい掛け金などは不明ですが、内容としては以下のようになっています。 【加入対象】 ・16歳~4[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の選択はお早めに

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近のお話ですが、ホームページの方を少しだけリニューアルしましたが気づかれた方はいらっしゃいますでしょうか? もちろん、初めて当院のホームページを見た方にはどこがどう変わっ[…]

[» 続きを見る]